Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Microscopy | Nanoanalysis

カールツァイスは、"超解像"の実用化のためにUCSFからライセンスを受け取ります。

Published on October 17, 2009 at 8:14 PM

カールツァイスマイクロイメージングGmbHは、 "スーパーレゾリューション"、非常に高い分解能を提供する顕微鏡技術の商業化のためにカリフォルニア大学からライセンスを受けています。

チューブリン(赤)とF -アクチン(緑)のために染色する広視野顕微鏡(左)とSR - SIMによる神経成長円錐の写真。試料:M.フリッツとM. Bastmeyer、カールスルーエ大学(TH)、ドイツ。

構造化照明顕微鏡と呼ばれる手法(SIM)は、科学者マッツGLグスタフソン、ジョンW.セダトとサンフランシスコ大学(UCSF)のDavid A. AGARDによって開発されました。技術は、最先端の計算画像解析による特別な点灯パターンを組み合わせることにより、顕微鏡の分解能に古典的な回折限界を克服しています。従来の顕微鏡と比較すると、結果としてスーパーレゾリューションのイメージは、すべての3つの空間方向の分解能を最大2倍に引き上げる必要があります。

契約は、カールツァイスにその顕微鏡システムにSIM技術を統合する権利を与えます。 ELYRA S.1のシステムで、supperresolution SIM技術は初めて標準顕微鏡上で利用できるようになります。

そのELYRA PS.1のシステムで、カールツァイスは、一番最初に1つのシステムでは、PAL - M技術、第二スーパーレゾリューション技術(光活性化ローカライゼーション顕微鏡)とSIMの組み合わせを提供しています。これはかなり、特に細胞生物学と神経学的な研究に新しい地平を切り開く、近代的な光学顕微鏡の実験的な可能性を広げる。

2009年10月17日投稿

Last Update: 10. October 2011 12:45

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit