Posted in | Nanomaterials | Nanobusiness

微粒子フォーラムアワード2009の受賞者としてノミネートBeneqはシニア技術顧問

Published on October 29, 2009 at 7:18 PM

マルックRajalaは、微粒子フォーラムアワード2009の受賞者としてノミネートされています。長い間、Rajalaは偏見のない、学際的な方法で、学界と産業界の間で、業界の利害関係者内での両方の相互作用を増加させることによりフィンランドの微粒子の分野のネットワーキングにおいて中心的な役割を行っています。

斬新な方法でエアロゾル、材料や設計の専門知識を組み合わせた技術 - Rajalaは、液体の火炎噴霧技術を(LFS、nHALO ®)の開発学際的なグループのキーパーソンの一人。彼はまた、フィンランドの技術の商業利用を開始する第一号だった。 Rajalaは商業化を奨励したり、起業家自身になることにより、エアロゾルの分野で動作して少なくとも6社を設立するために貢献しています。彼はまた、正常西部ウーシマー領域でナノテクノロジー企業のビジネスを開発NanoHarju -プログラムの管理を担当していました。

マルックRajalaまた、微粒子のフォーラムの直立したメンバーの一人であり、創立メンバーとFASTの会長(エアロゾル科学から産業用途まで)です - 中小企業に合わせた微粒子のフォーラムの下位区分。その結果、Rajalaは彼自身の専門知識と微粒子の分野で事業を行う企業のビジネスへのIPRの重要性についての深い理解をもたらす微粒子のフォーラムの利点に彼の連絡先の専門知識をもたらしています。さらに、彼自身の例によって、Rajalaは、コミュニティとしてオープンイノベーションの潜在力を活用する微粒子のフォーラムを奨励されています。

Rajalaはで働いているBeneqはOy社の産業用アプリケーションにおけるエアロゾルのプロセスの使用に特化。彼の作品でRajalaは関連の技術革新を認識し、微粒子を利用することがあり、ビジネス部門とエアロゾルのフィンランドの科学的専門知識を結びつけることに成功している。

微粒子フォーラムアワード2009は、社会的または技術的及び経済的に重要な課題への微粒子の研究を適用しているか、促進し、大幅に加えて、微粒子のフィールドの可視性の向上に活躍してきた人、会社、組織または個人に付与されます。社会に積極的に影響力であること。以前の受賞者はTulikiviオイ、大学の講師ライモO.サロネンとフィンランド気象研究所となっている。賞委員会が教授(エアロゾル物理学)Kaarle Hämeri、ヘルシンキの大学や他のメンバーが議長を務めたスペシャリストみんなVäkevä、オイハルトングループ株式会社とエアプロテクショングループ、タルヤKoskentalo、YTVの頭があった。

微粒子フォーラムは、ナノとフィンランドにおける微粒子の利害関係者の独立と中立的なネットワークです。フォーラムは、技術庁の微プログラム(技術革新のためのフィンランドの資金提供機関)で作成されたネットワークやパートナーシップに基づいています。 100以上の会員組織、企業、研究機関、公的資金団体、省庁、資金調達、NGO等を含む

フォーラムを提供します

  • アクティブなネットワークと合わせたが提携 - interdisciplinarily
  • 国際的にフィンランドの推進、非常に有能なノウハウのエアロゾル
  • 情報の収集と提供
  • オープンイノベーションは、ピアツーピアのサポート

より多くの情報:プロジェクトマネージャー、微粒子フォーラム、マータホテリToivola(martta.toivola(時)culminatum.fi)

Culminatumイノベーションオイ社は、地域開発会社です。 1995年に設立された、Culminatumはヘルシンキの地域のイノベーションの環境を開発するための専門プログラムだけでなく、プロジェクトの全国センターを実装しています。

Last Update: 26. October 2011 18:58

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit