研究者は Quantum の点からの紛糾させた光子を作成します

Published on November 17, 2009 at 5:29 PM

十分に量の世界を開発するため、主要商品は彼らが互いから完全に保護される時でさえ気味悪いもつれ原子のような目的の間で形作ることができる間隔挑むリンクです。 ここで、 Quantum の共同協会の物理学者 (JQI)、国立標準技術研究所 (NIST) の共同の組織およびメリーランド大学はレーザーによって微調整される量の点を使用して、紛糾させた光子の有望で新しいソースを開発しました。 JQI の技術は 「量の分布のような量情報アプリケーションに現在利用できる敏感なメッセージを暗号化するために」調整するよりいつの日か紛糾させた光子のペアのよりコンパクトで、より便利なソースを可能にするかもしれません。

Quantum の点は小さい点の充電がすべての方向で制限される半導体そうのナノメータースケールビットです。 それらはいわゆる 「励起子を作成するエネルギーのポンプ光子蛍光を発によって出るために作ることができます」電子の組み合わせることおよび電子なしの 「穴」。 電子が穴に再び落ちるとき、過剰な[余分な・高過ぎる・多すぎる・余剰]エネルギーは光子として解放されます。 Quantum の点はまた」 2 つの電子および 2 つの穴で構成されてさらにもっとエキゾチックな 「biexciton を催すことができます。

短命の biexciton は分解するとき、梯子の 2 つの段の下降に類似したエネルギーの 2 つの低下を経光子は各段階で解放されます。 物理学者は長く量のずっと点から紛糾させた光子のペアを得るのにこのプロセスを使用するように試みています。 biexciton は 2 つの可能なパスの 1 つに沿って腐ることができることもつれを可能にであるさせる何が地面にそれを得て下さい 2 つの梯子その両方に類似した。 降下の間にそれは降ろす梯子によって分極 (電界の方向) の別の種類の光子のペアを解放します。 各段階のエネルギー低下が丁度両方のパスが同じあれば、梯子が同一に見るように、パスはなります識別不可能およびその結果 biexciton は未定の分極値の光子を解放します。 光子を測定して分極を定め、直ちにもつれのパートナーの認刻極印を定義します。

しかし量の点の構造内の欠陥はそれらを区別可能にさせ、前もって決定された、はっきり定義された分極と光子を作成する 2 つのパス間のエネルギー準位 (段の高さ) で相違を生じます。 まれにを除いて、これは JQI の研究者のアンドレアスの紛砕機および彼の同僚が NIST で作成した (InGaAs)信頼できる、広く製造されたインジウムのガリウム砒素の点のために当てはまります。 紛砕機および彼の協力者は量の点でレーザーの送信によってこの問題を解決しました。 レーザーの電界は紛糾させた光子の放出に終って 2 つのパスが調和するようにパスの 1 つのエネルギー準位を移します。

紛糾させた光子は個々の量の点からの前に来ましたが、欠陥が偶然 2 つのパスに同一のエネルギー構造を与えた大きいサンプルの点をハンチングを起すことによって斑点を付けられました。 このもつれの技術がいろいろ量の点のために働くことができると JQI のグループのリーダー Glenn Solomon は言います。 点が低温学の温度に冷却されなければならないけれども彼はより少なく扱いにくく、便利に紛糾させた光子の 1 つのペアを一度に作り出してもいいので量の点は束のの代りに慣習的な水晶同等上のもつれソースとして利点があることができる付け加えます。

* A. 紛砕機、 W.F.Fang、 J. Lawall および G.S. Solomon。 量の点からの分極紛糾させた光子の作成。 物理的な検討の文字で次。

Last Update: 13. January 2012 09:57

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit