Veeco社は、二つの特許申請中AFMスキャンモードを発表

Published on December 1, 2009 at 8:26 AM

Veeco社インスツルメンツ社(Nasdaq:VECO) 、研究と産業界への原子間力顕微鏡(AFM)の計測のリーディングプロバイダーは、今日2つの特許出願中のAFMスキャンモードの導入を発表、ScanAsyst™とPeakForce™QNM™。一緒に、これらの独自の進歩は、AFM定量分析とVeecoの寸法®アイコン®、ビオスコープ™のCatalyst™、および新たに発表されたマルチモード® 8走査型プローブ顕微鏡での使いやすさのためにユニークな、新しい機能を提供します。 Veeco社は、第4回を通じてボストン、マサチューセッツ州、12月1日におけるMRSの秋季大会でScanAsystとPeakForce QNMを展示しています。

"我々の新しいScanAsystとPeakForce QNM定量的ナノメカニカルプロパティのマッピングモードは、ナノスケールのAFMイメージングと分析、より速く簡単に、そしてより多くの定量を行う、"デビッドロッシ、副社長兼VeecoのAFMのビジネスのゼネラルマネージャーは述べています。 "AFMsが容易かつ定量的にすることは材料、エネルギー、ライフサイエンス、医薬品、およびナノスケールの相互作用とプロセスが画期的な発見の鍵となる他の分野における重要な研究への新たな進出を開きますが、ここで、研究者は昨日のAFM技術の能力によって制限された。"

  • ScanAsystは信頼性の高い、高品質なナノスケールのデータを取得するには、使いやすさの新しいレベルを提供する、世界初のAFM画像を最適化スキャンモードです。連続して画像の品質を監視し、適切なパラメータの調整を行うインテリジェントなアルゴリズムを使用して、この革命的な、特許出願中のスキャンモードは自動的に、より速く、より一貫性のある結果を提供する、と関係なく、オペレータのスキルレベルの。 ScanAsystは劇的にパラメータの自動最適化による画像のセットアップを改善し、理想的に空気と液体の両方の操作で、材料や生命科学の幅広いアプリケーションに適しています。
  • PeakForce QNMは、イメージ内のすべての単一のピクセルで、非常に高速な力応答曲線を記録するために、特許出願中のPeakForceタッピング技術を使用して、全く新しい、Veeco社が開発した動作モードです。この撮像モードでは、高分解能で同時にイメージングのサンプル地形ながら、多種多様な素材上で弾性と密着性の両方の前例のない定量的ナノメカニカルプロパティのマッピングが可能になります。より正確で再現性の結果に加えて、スキャン中のプローブの先端のモードの直接の、超低力制御は、より長いプローブ寿命、少ないプローブの交換、および改良されたサンプルの完全性と測定の一貫性をもたらし、繊細なヒントやサンプルを保護することができます。 Veeco社について

Veeco社Instruments社は、HB - LED、太陽電池、データストレージ、半導体、科学研究と産業市場のお客様にソリューションを可能にする製造しています。 LED&太陽電池プロセス機器、データストレージプロセス機器、および計測機器:私たちは3つの事業で技術をリードして。 Veecoの製造およびエンジニアリング施設はニューヨーク、ニュージャージー、カリフォルニア、コロラド、アリゾナ、ミネソタ州とマサチューセッツ州に位置しています。グローバルなセールスおよびサービスオフィスは米国、欧州、日本およびアジア太平洋地域全体に配置されています。

Last Update: 9. October 2011 05:49

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit