Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Technical Sales Solutions - 5% off any SEM, TEM, FIB or Dual Beam
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions

ガラス化された生物的標本の高リゾリューションイメージ投射のための一義的な伝達電子顕微鏡

Published on December 2, 2009 at 8:30 AM

カールツァイスはブランクフルトの生物物理学のための Planck の最大協会で生物的標本の高解像イメージ投射のための光学の新型を特色にする伝達電子顕微鏡のインストールおよび受入テストを完了しました。

PACEM は画像の低対照の生物的標本に (TEM)設計されている伝達電子顕微鏡です。 それは生物物理学 (MPI-BP) のための Planck の最大協会で Oberkochen に高分子複合体の卓越性クラスタからの光学専門家カールツァイスおよびブランクフルトに研究者によって特に開発され、インストールされました。 従って段階の対照の異常のための PACEM の立場は標本の最もわずかな相違を対照的に高める特別なプロシージャを記述するよりよく評価することができる標本イメージ投射を可能にする電子顕微鏡を、訂正しました。

、 Werner Kuhlbrandtt 教授先生は MPI-BP の構造生物学のための協会のディレクター説明します: 「高対照、高分子からの生物的標本の高解像イメージ投射は、セルに、多くの科学的な調査でますます重要になっています。 例えば、蛋白質の詳しい構造は機能に多くの洞察力を提供します。 企業と研究間の正常な協同の顕著な例である PACEM システムは並ぶものがない品質の必須の画像を提供し、こうして提供します新しい洞察力を」。

それらを統合すること私達のモジュール方式で設計されていた天秤座 200 TEM のプラットホームことをことをに伝達 (NTS)電子顕微鏡のための革新的で、一義的なサブシステムをと開発すること 「PACEM がの私達の技術のもう一つの例であることをアレキサンダーのハンセン病患者、カールツァイス SMT の Nano 技術のシステム部の TEM の開発マネージャは強調します。 これらによってかなり高められたイメージ投射および分析的な可能性、私達は私達の顧客の付加価値を提供し、新しい科学的な洞察力を得るために助けますそれらを」。

PACEM は追加光学のツァイスの天秤座 200 TEM に球面収差 (CS の校正者) を訂正するために基づいています。 CS の校正者、回折の拡大の単位の下の別の光学系は (DMU)、特に位相板を保障する対照の機能拡張を発達させた回折の画面の中間拡大を生成します。 一般に、この組合せはに人工物なしを可能にする大きい目的の高対照イメージ投射を原子次元、高分子の 3D イメージ投射可能にします。 電子光学サブシステムに加えて、標本を囲む特別な冷却装置は重要な役割を担います: 生物的標本を自然な、十分に水和させた状態で目に見えるようにするため、 (ガラス化される) -190 の摂氏温度でフリーズされ、 -175 の摂氏温度に顕微鏡で冷却される衝撃です。 冷却装置は標本が熱放射の結果として暖まることを防ぎます。 同時に、それは他では標本の氷になり、対照を減らし、そして画像を無益にさせる顕微鏡の真空槽の残りの湿気を結合します。

今インストール済み PACEM システムに加えて、 NTS はまた 2007 年にボンのシーザーの研究所で去年シュトゥットガルトの材料の研究のための Planck の最大協会で特別な TEM (SESAM) およびぱりっとした TEM をセットアップしました。 マンドリンのようなシステム特徴非常に特別なサブシステムは両方とも最大解像度の電子エネルギー損失分光学を可能にする SESAM でフィルタに掛けます (EELS)。 NTS の TEM の開発者は低い加速の電圧の最大解像度 (1 オングストローム以下) を作り出すように意図されている軟膏のプロジェクトの Ulm の大学を現在使用しています。

Last Update: 13. January 2012 08:30

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit