サブ22nmノードのフラッシュメモリを探るシンポジウムを開催するアプライドマテリアルズ

Published on December 8, 2009 at 6:16 AM

12月8日に、ボルチモア、メリーランド州では、 アプライドマテリアルズは、より大容量のフラッシュメモリチップのための増え続ける需要を満たすために必要な密度と性能を提供する業界の能力をめぐる重大な疑問を探求する重要なシンポジウムを開催します。従来のフローティングゲート技術は22nmノードを超えて実行可能なまま、または三次元電荷トラップまたはナノ結晶セル技術が勝ち残るだろうできますか?何がこれらの新しい構造体は次のようになりますし、新しいプロセスや材料は、それらを実装するために必要とされるのか?

"2Xビヨンド方法れますNANDフラッシュのスケール?"と題した、シンポジウムでは、フラッシュメモリ業界全体からリードする技術者との刺激的なパネルディスカッションを特色にする。パネルには、フラッシュのスケーリングが直面する課題を議論し、我々は新たな10年に入ると、業界の風景が進化していくかのビジョンを共有します。

パネル:義雄西、スタンフォード大学、モデレーター
英明青地 - 東芝
誠一Aritome - ハイニックス半導体、(株)
Siyoungチェ - サムスンエレクトロニクス、(株)
カークPrall - マイクロンテクノロジー社
ハンスコウノトリ - アプライドマテリアルズ

場所:アットカムデンヤードボルチモアマリオットインナーハーバー
110南Eutawストリート、ボルチモア、メリーランド州21201

時:火曜日、2009年12月8日

スケジュール:17:15 - 6:時15分登録とレセプション
午後6時15分 - 7時30分パネルディスカッション
午後7時30分 - 午後8時ネットワーキング

http://www.appliedmaterials.com/sub22nm_panel/を:このエキサイティングなイベントの詳細については、ご覧ください。

アプライドマテリアルズは、社(Nasdaq:AMAT)は、半導体チップ、フラットパネルディスプレイ、太陽電池、フレキシブルエレクトロニクスとエネルギーの製造のための革新的な装置、サービスおよびソフトウェア製品の幅広いポートフォリオTechnology™ソリューションをナノマニュファクチャリングのグローバルリーダーです。効率的なガラス。アプライドマテリアルズは、人々のライフスタイルを改善する技術をナノマニュファクチャリング。

Last Update: 7. October 2011 08:50

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit