Posted in | Nanoenergy | Nanofabrication

インドで需要がある太陽アプリケーションのための ALD の薄膜の沈殿

Published on December 18, 2009 at 8:27 AM

フィンランド材料技術は 12 月の初めににライムライトの時を、時フィンランドの企業の委任、経済情勢の大臣、マウリ Pekkarinen、訪問されたニューデリー、インド氏による鉛今年楽しみました。

委任の訪問の間に、材料技術、フィンランドのハイテクの本拠地は 3 つの主要な営業種目に焦点を合わせた技術イベントで、スポットライトで照らされました、: cleantech、診断およびコミュニケーション技術。 エネルギー、環境およびヘルスケアはインドに多くの未来の挑戦およびフィンランドが提供するべきたくさんあるセクターです。 一週間の約束の間に、 70 人の会社からの 120 人以上協同の 4 つの公式メモおよびもう 10 の団体の一致署名した 12 の大臣訪問されたおよそ 350 の企業間の会議を催しました。

委任の関係者の 1 人のワードでは、 Beneq の販売部長 Mikko Saikkonen 氏: 「原子層の沈殿は (ALD)使用できる最も有望な薄膜の沈殿技術の 1 つです。 太陽電池の生産のその使用はインドの大きい興味国が太陽エネルギーの利用に多くの努力を入れているので、です。 ALD はヨーロッパ、中国、米国および日本の広まった使用に既にあり、今インドはまた成長する興味を示しています。 フィンランドは、広範囲のハイテクなポートフォリオとインドの巨大な市場の大きな需要に、あります」。

Last Update: 13. January 2012 07:07

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit