Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanobusiness

アローヘッドの研究子会社は、決定的な資産の購入契約を完了

Published on December 28, 2009 at 6:24 PM

アローヘッドリサーチコーポレーション(NASDAQ:ARWR)は本日、同社の完全子会社、テゴバイオサイエンスは、ルナイノベーション株式会社(:LUNAナスダック)への非現金知的財産(IP)の販売のための決定的な資産の購入契約を完了したことを発表しました、製薬nanomedicinesを含む新世代製品の開発製造。

契約の条件の下で、ルナはテゴ43万ドル前払いを支払う、それはテゴのIPの下に市場にもたらす各フラーレン製品425万ドル​​を限度とするマイルストーンの支払いを行い、テゴのIPで構築された自社製品の売上高に応じたロイヤリティを支払うことになります。

また、契約の条件の下で、テゴはテゴのIPとテゴのIPを使用して開発ブロンクスのプロジェクトの製品からの純収入の50%のライセンスまたは再販からの収益に10%を受け取ることになります。テゴのIPは診断、治療、イメージング、他のバイオ医薬品関連のアプリケーション専用に変更されたフラーレンに関連する国内外の特許および特許出願の広範なポートフォリオが含まれています。

"この合意は、その広範な特許ポートフォリオの潜在的な上下をキャプチャする機能を維持しながら、継続的なコストを抑えるためにテゴの計画に沿っている、"アローの社長兼CEOのDr。クリストファーAnzaloneは言った。 "テゴIPは、カーボンナノテクノロジーを介してヘッドに入って来た、(株)の買収、そして我々は、私たちはフラーレンベースのヘルスケア製品を開発するために必要な専門知識を構築するためにそれが意味をなさないかその少し前に決定した。我々はまた、潜在的な価値の多くは、テゴの特許ポートフォリオにはそこまでロックされたことを認識したので、我々は適切なパートナーとその値のロックを解除するように努めた。会社として、その上級科学者の一部を介して、ルナは、フラーレン誘導体の強力な知識ベースをもたらします。我々はフラーレンをベースとした製品を開発するための焦点の努力は、特に今は、テゴの特許ポートフォリオへのアクセス権を持っていることを、実を結ぶ可能性があると信じています。テゴの特許ポートフォリオは、単一の製品にだけ適用されないため、我々は長期的にはアローヘッドのための潜在的に重要な価値ドライバーとしてこれを表示する。むしろ、それがマイルストーンの支払いとロイヤルティーを経由してアローヘッドに価値をもたらすことができるそれぞれが、複数の製品スイートで使用されることがあります。"

アローヘッドリサーチコーポレーション(NASDAQ:ARWR)は、ライフサイエンス、エレクトロニクス、エネルギーの分野で新しい技術を商業化するナノテクノロジー会社です。アローヘッドは、ナノテク製品とアプリケーションを実用化過半数を所有する子会社および少数の投資の進展を通じて株主価値を構築するために求めている。

Last Update: 9. October 2011 10:32

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit