Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoenergy | Nanobusiness

応用 Nanotech は Arima Eco エネルギー技術の一致に入ります

Published on January 27, 2010 at 6:24 PM

Applied Nanotech Holdings、 Inc. (OTC の BB: APNT) 台湾 (ArimaEco)、集中された光起電モジュールの開発の各国指導者、アジアおよびヨーロッパで配置されるシステムが付いているシステム統合および (CPV)インストールの Arima Eco Energy Technologies Corporation の一致に入ったことを発表される。

複数の接続点の太陽電池を利用する CPV システムは商用化された太陽技術の高性能を提供します。 2 人の会社間の共同の一部として、オオハシカッコウは更に熱拡張の異なったレートによって太陽の集中を利用しま、太陽電池の温度、限定温度の変動、および引き起こされた熱圧力を減らすことを減らします高めることによって CPV システムの効率そして寿命を改善するのに CarbAl™の文書の高い温度伝導率そして低い CTE を。

一致の一部として、オオハシカッコウはまた排他的な基礎のテキサス州の ArimaEco CPV システムを表します。 ArimaEco を使用して、オオハシカッコウは高性能および低価格 CPV の太陽エネルギーシステムとテキサスの風カエネルギーを捕獲するための既存の土地そして下部組織を結合することによって守備につきますエネルギー」の 「概念を実行するように意図します。 これは風カエネルギーフィールドが高い値の再生可能エネルギーフィールドに変形することを可能にしま風および太陽熱発電を両方結合します。 CPV の太陽エネルギーは明るい気候、既存の風力発電地帯および伝達下部組織があるテキサスに非常にうってつけです。

オオハシカッコウは再生可能エネルギーの世界の会議で光起電世界のパビリオンで ArimaEco CPV のモジュールおよびオースティン TX、 CarbAl™の文書と共に 2 月 23-25 日の博覧会をもたらします。

「私達はオオハシカッコウとの共同について楽観的であり、両方の会社の機能の統合によってテキサスの CPV の太陽エネルギーの実施を促進するために順方向に見て、リソース」、氏を言いましたハワード周、販売および ArimaEco のマーケティング部長。

「私は ArimaEco CPV システムが改良された熱管理のための CarbAlTM の私達の nanotechnological 合わせた文書から寄与すること確信しています」、言いました Zvi Yaniv、 Applied Nanotech、 Inc. の社長兼最高経営責任者先生を。

「それは最終生成物のユーザーに近い方になる私達の戦略的な方向の部分であり、私達の技術の収入生成そして商業化のための他をより少なく頼みにしているため」、ダグのパン屋、 Applied Nanotech Holdings、 Inc. の CEO を言いました私達は ArimaEco のこの関係に入ったこと 「私が嬉しい。 これは再生可能エネルギーフィールドの私達の位置を増強し、補足します太陽エネルギーの市場のための技術的なインクの開発と関連している私達の資金を供給されたプロジェクトを」。

Last Update: 13. January 2012 05:05

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit