Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Save 20% On a Jenway 7315 Spectrophotometer from Bibby Scientific
Related Offers

CRAIC の技術は OLED の研究のための QDI 302 の顕微鏡の分光光度計をもたらします

Published on January 31, 2010 at 6:08 PM

有機性発光ダイオード (OLED) は表示および光源の次世代のために発達しています。 QDI 302 の顕微鏡の分光光度計は、 CRAIC の技術から、一般に OLED 装置で見つけられる顕微鏡ピクセルのそれぞれの分光出力、強度およびカラー整合性を測定し、比較するように設計されています。

有機性発光ダイオード (OLED) にサポートのマトリックスの有機性分子から成っている放射性のエレクトロルミネセンスの層があります。 表示のために、この層は何百万の発注された列およびコラムの顕微鏡ピクセルに形作られます。 異なったカラーを生成するのに異なった有機化合物が使用されていると同時に異なった有機化合物が付いているピクセルはフルカラーのための異なったカラー、高リゾリューションの表示を生成できます。 OLED 装置、 nlike u の最も大きい利点は従来の液晶表示装置 (LCD)、ピクセルが光源およびカラーソースを両方結合することです。 これは OLED の表示が軽く、薄く、 LCD よりより少ない電気を使用することを意味します。 ただし、装置を渡る光学放出の強度そしてカラーの整合性は重大です。 これは顕微鏡のための QDI 302 の分光光度計のような器械が使用されるところです。

QDI 302 は顕微鏡の開いた photoport に追加するか、または端末を厳密に調べるように設計されている分光光度計です。 それはユーザーが画像を得、顕微鏡のサンプル領域のスペクトルをすぐにそして急速に得ることを可能にします。 適切な顕微鏡またはプローブ端末に追加されたとき OLED の表示の各ピクセルのカラーそして強度を測定するのに、 QDI 302 が使用することができます。 ピクセルは整合性のためにそれから互いに比較することができますまたは強度およびカラー両方のマップは各装置のために生成することができます。 そして QDI のような器械として 302 は少数のミリ秒の順序のスペクトルを得ることができます全体の OLED の表示はすぐにそして正確にマップすることができます。 これは全体の装置を渡るカラーそして強度両方の、また装置からの装置に整合性を保障します。

CRAIC の技術の OLED の表示の microspectral 分析についてのより多くの情報のために、 http://www.microspectra.com/component/content/article/52-craictech/148-oled-metrology を訪問して下さい

CRAIC Technologies、 Inc. は紫外線目に見えるNIR 顕微鏡検査のための成長の技術そして方法に焦点を合わせ、 microspectroscopy 全体的な技術のリーダーです。 CRAIC の技術はカスタマ・サポートで最もよいのと共に私達の顧客を聞き、操作上の卓越性および technologic 専門知識を統合する開発を実行することによって革新的な解決を、作成します。 CRAIC の技術はアプリケーションが巧妙なカスタマ・サポートの正確さ、精密、速度およびベストを要求する法医科学、生物学、健康科学、半導体、地質学、ナノテクノロジーおよび物質科学の市場の顧客に解決を提供します。

Last Update: 13. January 2012 05:05

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit