韓国企業との合弁のパートナーシップを作成するUnidym社

Published on February 1, 2010 at 6:30 PM

Unidym社、株式会社 、アローヘッドリサーチコーポレーション(NASDAQ:ARWR)の過半数所有子会社である:市場へ、、今日はそれがWisepower、上場の韓国企業(040670 KOSDAQ)との合弁会社のパートナーシップを作成するための合意書に調印したことを発表しましたと韓国のタッチパネルとディスプレイ産業へのUnidym社独自のフィルムおよび電子インク製品を共同開発する。新しく形成されたエンティティは、Unidym社、韓国呼び出されます。

"韓国は、タッチパネル、LCDなどのディスプレイや太陽電池市場でのターゲット市場にとってますます重要な地域になりつつある、"マークティリー、Unidym社の最高経営責任者(CEO)は語った。 "我々は、Wisepowerの口径の会社で働くことを光栄に思っています。 Wisepowerは、効果的に電子機器で新しいビジネスを構築する能力を実証しています。 WisepowerとのパートナーシップでUnidym社韓国を作成することで、我々は韓国の大手ディスプレイメーカーとの取り組みを支援し、現地パートナーとの事業開発活動を加速するためにローカルプレゼンスを持つことになります。"

"その優れた製品の提供および支配的な知的財産ポートフォリオでは、我々はUnidym社は、CNTエレクトロニクスの世界的リーダーであると信じて、"王ホー公園、Wisepowerの最高経営責任者(CEO)は語った。 "我々は、韓国でこのビジネスを拡大するUnidym社と協力して楽しみにしています。さらに、我々は、LEDと充電式電池の分野におけるCNTの可能なアプリケーションを模索していきます。 Unidym社との今回の協力は、Wisepowerは、充電式電池と市場でのLED製品のポジションを強化するようなカーボンナノチューブなどの新素材を使用できるようになります。"

Unidym社は、特定の知的財産のための新会社へのライセンスと引き換えにUnidym社、韓国での大幅な所有権の位置を保持します。取り決めの下で、Unidym社は、Unidym社、韓国にはカーボンナノチューブに基づく透明導電膜を提供することに同意した。 Wisepowerは、運転資金を拠出し、地元の製造、販売、および流通の専門知識を提供することに合意しました。

Unidym社は、エレクトロニクス産業用カーボンナノチューブベースの透明導電性フィルム(TCFS)のリーダーです。 TCFSは、タッチパネル、ディスプレイ、および薄膜太陽電池などのデバイスの重要なコンポーネントです。例えば、タッチパネルや液晶ディスプレイの両方は、通常、デバイスごとに2つのTCF層を採用しています。耐久性向上、低処理コスト、そしてより低い全体的なコスト構造:のUnidym社TCFSは、を含むインジウム系金属酸化物を、現職の技術上の実質的な利点を提供します。

Last Update: 10. October 2011 16:50

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit