Energetiqは、生物物理学会会議、サンフランシスコでLDLSの製品範囲を解き放つために

Published on February 17, 2010 at 5:13 AM

Energetiqテクノロジー社、高度な技術のアプリケーションに特化した光源の開発と製造業者は、サンの生物物理学会第54回総会で、世界の生物物理学者の最大の集まりに、そのレーザー駆動光源(LDLS)製品ファミリを紹介しますフランシスコ年2月21-23、2010。

LDLS光源はよくストップトフロー分光法、および蛍光分光法は、そのような高度な円偏光二色性分光法のような困難なアプリケーションに適しています。

EnergetiqのLDLS技術、EQ - 1000に具現単一の光源、EQ - 1500と、EQ - 1510、またはEQ - 99は、170nmから可視以降を通じて、広い波長範囲にわたって極端な高輝度を提供することができます。完全なスペクトルをカバーするためにこの能力は従来のランプを使用することに経済的かつ効率的な代替手段です。キセノン​​アーク、重水素、およびタングステン/ハロゲンランプ各カバーのみLDLS光源でカバースペクトルの一部、及び電極の使用がために必要な高輝度、安定した出力と長寿命を達成する能力を制限生物学と分子構造の研究。

LDLSの製品ファミリで利用される独自のレーザー駆動バルブの技術は、電球の明るさと、これらの従来のランプよりも高いと長い大きさの順である寿命が可能になります。 LDLSのEQシリーズの優れた空間と電力安定は、操作の長期間にわたって非常に再現性のある測定を可能にし、コンパクトなパッケージングが簡単に統合できます。

ソース: http://www.energetiq.com/

Last Update: 10. October 2011 08:18

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit