Site Sponsors
  • Technical Sales Solutions - 5% off any SEM, TEM, FIB or Dual Beam
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

顕微鏡検査のカールツァイスの把握第 11 「日」

Published on March 17, 2010 at 7:03 AM

カールツァイスはモットー 「新しい次元への旅行」の下で第 11 「顕微鏡検査の日を」、今回保持します。 、 ELYRA および LSM 780 の顕微鏡システムおよび VivaTome および DirectFRAP のモジュール同じ名前のキャンペーンの 2009 年 11 月以内に進水させてイエナ Volksbad の大きいドイツの聴衆にはじめて示されます。 研究、教育および臨床ルーチンからのおよそ 500 人のユーザーは生きているカールツァイスからの革新を経験するために登録しました。 「イベントショー情報を集め、経験を交換するためのフォーラムとして値」、後私達が受け取ったよいフィードバックおよび一貫して高い出席先生を言いましたウーリッヒサイモン、 Gmbh カールツァイス MicroImaging の社長兼最高経営責任者。

イベントは極度の解像度の顕微鏡検査について完全にあります。 「ELYRA の高リゾリューションそして柔軟性新しいアプローチを可能にし、生物医学的な研究のすべての訓練の実験は」、はサイモン説明します。 「ユーザーはこうして回折限界の下でサイズの細胞コンポーネントの検査に彼らの実験を拡張するために可能になります。 私達はこのシステムが科学者が研究結果を開拓することを達成することを可能にすること確信しています。

顕微鏡検査の日以内に関係者に講議、研修会および器械のデモンストレーションの間にサイトのシステムに馴染む機会があります。

2 つの講議は古典的な解像限界を越える光学顕微鏡検査についてまたあります: カールツァイスからのセバスチャン Wiesner 先生は極度の解像度の後ろの背景そして技術述べています。 Homburg、ドイツのザールラント州の大学の生理学の協会からのエミル Krause 講演者の先生は、セル研究からの最新の結果を説明します。

研修会は新しいシステムと組み合わせて実用化で顕微鏡検査の技術を学び、使用することについて、主にあります。

極度の解像度 ELYRA の顕微鏡システムは全く新しい運営原則に基づいています。 その認刻極印は非常に高リゾリューションの複数の顕微鏡の技術の統合です。 カールツァイスはアメリカに協力し、市場向きに最新式の顕微鏡検査の技術を転送するドイツの科学者は器械を容易に作動させます。 商用化された顕微鏡によって以前視覚化できなかった細部の明確な解像度のおかげでこの新しいシステムかなり光学顕微鏡検査のアプリケーション範囲を拡張します。

LSM 780 はレーザーのスキャン顕微鏡の系列の新しいメンバーです。 前のシステムの、すなわちそれまた蛍光か漂白剤に敏感な標本の検査を弱く可能にするその検出の感度は二度約高いです。

蛍光顕微鏡のための VivaTome イメージ投射モジュールは - 生きている標本の検査の開発そして細胞生物学者のために設計されている - 光学セクションの速い生成を可能にします。 技術的な複雑さの低レベルによって、 VivaTome は人工物なしの非常に高度システムによってだけ今まで可能だった毎秒生体細胞の 30 までの画像を confocally 提供し。

DirectFRAP イメージ投射システムは細胞生物学の顕微鏡のユーザーが蛋白質の拡散定数についての詳細情報を得るために生体細胞の速いプロセスを分析することを可能にします。 システムはレーザー光線が付いている標本の興味の領域およびそれに続くプロセスの即時記録の直接 photomanipulation を可能にします。

計器システムの広範な展覧会はまた材料分析の相関関係な顕微鏡検査のためのカールツァイスの解決から成り立ちます。 Shuttle&Find のキーエレメントは光学顕微鏡インターフェイスしますと走査型電子顕微鏡の間で同じ標本領域の速い、自動化された再配置そして検査のための共同標本のホールダーおよびアダプター、また新開発のソフトウエアパッケージはライトおよび電子 microscop 両方の下にあります。

Last Update: 13. January 2012 00:54

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit