Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Bionanotechnology

FDA は適当な複雑さとして Nanosphere の Verigene SP システムを分類します

Published on March 19, 2010 at 7:06 AM

Nanosphere、 Inc. (NASDAQ: NSPH)、高度の分子診断システムの開発そして商業化のリーダー、 Verigene SP システムで行われる呼吸の (FDA)ウイルスのパネル (RVNATSP) が 1988 年の臨床実験室の改善の修正の下の 「適当な複雑さ」として分類された米国の食品医薬品局からの受け取られた通告 (CLIA)。

Verigene® SP

「適当な複雑さ」の指定はテストがオペレータのより広いグループより多くの設定で実行されるようにします。

Verigene SP の RVNATSP の試金は FDA によって 「適当な複雑さとして」分類される Nanosphere 最初のテストです。 Nanosphere の前に取り除かれた FDA の製品は 「高い複雑さ」として分類され、 Verigene 元のシステムで動作します。 会社はサンプル準備を自動化する、 Verigene SP の前に取り除かれた未来の試金すべてをファイルすることを計画しより多くのテストが 「適当な複雑さとして分類されることを可能にするべきです」。

「この CLIA の類別私達の技術の値のもう一つの確認であり、使い易さ」、はウィリアム Moffitt、 Nanosphere の社長兼最高経営責任者を言いました。 「それは Verigene SP のための私達の市場を広げ、最初の 「適当な複雑さ」分子インフルエンザテストを顧客に」、 Moffitt 氏説明しました与えます。

Verigene® システムはいろいろなアプリケーションのための興味の核酸および蛋白質ターゲットを検出するのに特許を取られた金の nanoparticle の技術を利用する benchtop の分子診断ワークステーションです。  Verigene® SP システムは Verigene® 元のシステムに自動化されたサンプル準備を追加しま、サンプルに結果の機能を可能にします。

ソース: http://www.nanosphere.us

Last Update: 13. January 2012 00:54

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit