Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

FRITSCH は新しい ANALYSETTE 12 DynaSizer を導入します

Published on March 30, 2010 at 9:32 PM

FRITSCH は前方の常に 1 つのステップを大きさで分類するレーザーの粒子のフィールドにまたあります。 従って測定方法が 1 と 6000 nm 間の粒度分布の測定を可能にすると同時に新しい ANALYSETTE 12 DynaSizer はダイナミックな光散乱を使用し。

この新しい ANALYSETTE 12 DynaSizer はより低い nano 範囲に大きさで分類するレーザーの粒子のフィールドの FRITSCH 製品の範囲を拡張します。 速く、正確簡単! そして最も小さいサンプル量とのそして 0.0003% 40% までの極度で広い集中範囲のこれ。

  • 最も小さいサンプルボリューム
    ANALYSETTE 12 DynaSizer の測定のために器械の中の光学測定のセルに直接加えられる < 50 µl の最も小さいサンプルボリュームだけ必要です、; キュヴェットまたは同じような時代遅れのような使い捨て用品の作成。 情報処理機能をもったデザインが原因で、クリーニングは子どもだまし容易です。
  • 超薄層の測定
    ANALYSETTE 12 DynaSizer を使うと測定の層の厚さは可変的に調節することができます。 これは薄層の測定を非常に可能にし、不必要な複数の分散の効果を防ぎます。 それはまた非常に集中された中断の、また不透明な媒体の測定を促進します。
  • 可変的なレーザー力
    ANALYSETTE 12 DynaSizer のレーザーの力は可変的に調節可能で、非常に暗いサンプルの測定か 40 まで wt.% の高い粒子の集中を可能にします。

ナノメーターに有効、ユーザーフレンドリー正確!

ANALYSETTE 12 DynaSizer - 一目で

  • 135° の一定した散乱角のダイナミックな光散乱による粒度の測定
  • 1 への 6000 nm の測定範囲
  • 非常に容易な処理
  • 最も小さいサンプル量 < 50 µl
  • 器械に直接入れる簡単なサンプル
  • 極めて薄い層 - 非常に薄い測定の層は多重散乱を避けます
  • 0.0003% 40% までからの粒子の集中
  • インクまたはオイルのような暗い分散は難しさなしで測定可能です
  • レーザー誘導温度効果の限定
  • 15ºC と 70ºC 間で選択可能なサンプル温度
  • 分散の集中に従う可変的なレーザーの強度
  • ISO 13321/21 CFR の部 11
  • 粒度の計算のための一義的なアルゴリズム

Last Update: 5. March 2012 00:46

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit