Posted in | Nanoelectronics

STMicroelectronics はやりによって埋め込まれるマイクロプロセッサに基づいてレーザープリンターコントローラボードのベールを取ります

Published on April 2, 2010 at 3:15 AM

STMicroelectronics (NYSE: STM は会社の SPEAr® によって埋め込まれたマイクロプロセッサ技術に基づいて)、システムチップ技術の各国指導者、今日レーザープリンターアプリケーションのための完全なシステム解決の、ベールを取りました。

働プロトタイプフォーマッターボードはすべてのハードウェア、ファームウェアおよびソフトウェアコンポーネントから成り立ちま、プリンター製造業者のための開発時間そして必須のリソースを減らします。

ST のレーザープリンターコントローラボードは 2 つの ARM9 コア、接続の周辺装置 - DDR2 メモリ、 USB 2.0 の Giga のイーサネット - および FPGA (システム内プログラム可能なゲートアレイ) の高性能 SPEAr600 装置を統合します。 これはレーザープリンター特定の IPs、ファームウェアサブシステムおよび Windows のソフトウエア開発キットに基づいて簡単ユーザー・インターフェースと補足されます。

直接 4 カラーレーザ光線を運転するアプリケーション特有の機能はレーザーのビデオ出力をおよび LVDS (低電圧の差動シグナリング) バッファを、データ管理のための 4 つの直接メモリアクセスチャネル、およびコマンドを送り、レーザーエンジンから状況情報を受け取るシリアル・インターフェイスを含んでいます。

最高にクラスのプリンター、 ST のプロトタイプボードによってテストされ、記録されて完全なシステム解決を目指しましたエントリーレベル単一機能レーザ・プリンタからの中央およびハイエンド多機能モデルに広いアプリケーション範囲を、提供します。 コスト、タイムに市場およびシステムノウーハウの条件を削減して、準備ができに道具の解決はレーザープリンター製造業者が最小の開発努力の良質の製品を構築することを可能にします。

最新式の低電力 90nm および 65nm HCMOS (高速 CMOS) の加工技術で製造されて、 ST のやり (構成されたプロセッサの高められたアーキテクチャ) の埋め込まれたマイクロプロセッサは産業オートメーションにコンピュータ周辺機器からの市場区分を渡る埋め込制御アプリケーションおよび通信連絡を目標とするコンピューティング電力および接続のハイレベルを提供します。 最新の ARM® の基幹技術に基づいて、やり装置は設備製造業者が複合体を開発することを可能にしますけれども全習慣デザインによって必要なわずか時および費用に適用範囲が広いデジタルエンジンは近づきます。

ソース: http://www.st.com

Last Update: 12. January 2012 23:32

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit