AIXTRON はデルフトの工科大学からブラックマジック CNT の沈殿システムのための発注を受け取ります

Published on April 20, 2010 at 3:12 AM

AIXTRON AG 今日デルフトの工科大学、ネザーランドからの 1 つのブラックマジック CNT (カーボン nanotube) の沈殿システムのための発注を発表しました。 システムはデルフトの工科大学のミクロシステムそして Nanoelectronics (ダイム) のデルフトの協会のクラス 10,000 のクリーンルームの 1x4 インチのウエファー構成にインストールされています。

デルフトの工科大学は低温の沈殿およびシステム自在性の点では AIXTRON のブラックマジックシステムに決定する前にさまざまなツールを、評価しました。 ダイムの電気工学、数学およびコンピュータ・サイエンスの能力の Ryoichi Ishihara 教授は (EEMCS) コメントします: 「ブラックマジックシステムは CNT の成長のための証明された装置です。 システムは適用範囲が広く、強く、私達がさまざまなタイプの CNT を作り出すことを可能にするようにプロセスケイパビリティの広い範囲を提供します。 これらの一義的な機能は引き付けました CNT の成長および MEMS 装置の私達の研究のための私達を」。

ダイムは 「ムーアよりもっと」の技術のフィールドに革新的な達成のための世界一流の評判を確立しました。 研究所は TU デルフト内の何人かの能力から成り立ち、良質の研究者、非常にベテランの常置技術的なスタッフおよび最新式装置のために有名です。 ダイムはクラス 100-10,000 のクリーンルーム、 MEMS の実験室および領域の 1500m2 を覆う特別なアプリケーション実験室を持つ設備が整っている協会です。

Last Update: 11. January 2012 21:45

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit