アルゴンヌ国立研究所光量子ソースは、アップグレードのための承認を受けた

Published on May 3, 2010 at 7:57 PM

省エネルギーの進歩、先端技術と理解の疾患における新たな経済のエンジンとブレークスルーのための良い材料:これらは、基礎および応用の両方、潜在的な発見のほんの一部です、で光量子ソース(APS)へのアップグレードによって使用可能にする米国防総省の米国エネルギー省(DOE)アルゴンヌ国立研究所

DOEは、今日では、APSのアップグレード、プロジェクトがDOEのプロジェクト管理の養生法の下に満たす必要のある主要なマイルストーンのシリーズの最初の概念設計のための正式な承認を発表しました。

光量子ソースは、施設へのアップグレードの第一段階の承認を受けています

"これはすでに最高の設備を考慮し、科学的なニーズや発見の次の世代を満たすためにそれを用意することで、アメリカの科学的な将来を確保する上で大きな一歩である、"アルゴンヌディレクターエリックアイザックス氏は言う。

アップグレードは、新しい施設を建設するよりもコスト効率が高くなります。それは、将来の持続可能なエネルギーと健康研究のニーズに対処するために必要なパフォーマンスで革命的な改善を行います。アップグレードは、既存のX線設備の10〜100倍、より強力で、ほぼ一年で実施することができる実験の数を倍増させる、新たなX線施設を追加します。さらに、アップグレードは、新しいハイテク雇用を創出すると予想される。

APSを使用する研究者は、1990年の創設以来、科学的発見の最前線にされている。現時点では、APSは西半球の他の科学的ユーザー施設よりも、毎年3,500人以上の研究者の実験的なニーズに対応しています。

光量子ソースは、数ナノメートルのような小さな材料と生体の原子や分子の構造に深くピアリングするため、高エネルギーX線ビームを使用しています。 APSは、このような改良された電池の技術、どのようにエンジンの燃料噴射装置の機能の前例のない理解、ヒト免疫不全ウイルスおよび他の疾患の治療、新しいナノ材料の作成などのブレークスルーを有効にして、専門知識と研究のツールを使って米国科学コミュニティを提供してきましたその他の進展の中でナノバイオロジーの進歩、。

"APSで照合するデータは化学、2009年ノーベル文学賞を受賞した科学者によって使用されていた、"ドンレヴィ、シカゴ大学の研究と国立研究所のための副社長は述べています。 UChicagoアルゴンヌLLCは、DOEのためのアルゴンヌ国立研究所を管理します。 "発見の新たな世界が原因でアップグレードが可能になると、"彼は言った。

"アップグレードの計画を運転した科学的なビジョンは、今日利用可能な量よりもはるかに優れた分解能で、リアルタイムで実際の条件下で画像の実際の材料に必要となる、"APSディレクターとフォトン科学J.マレーギブソンのためのアルゴンヌ国立研究所のア​​ソシエート研究所ディレクターは言った。 "これは持続可能なエネルギーのための材料のニーズを解決し、病気と闘うための生命の階層を理解するうえで重要です。アップグレードは完全に新しい施設を建設することなく、現在および将来の科学者のニーズを満たすために光量子ソースをできるようになります。"

発表は、アルゴンヌ国立研究所のAPSユーザーの会議で、博士はペドロサンモ、APSをサポートする科学、DOEのオフィス内の基礎エネルギー科学局の科学ユーザー施設課のディレクターによって行われた。

一目でわかるアップグレード

加速器ベースのX線源の革新
25 kiloelectronvolts(keV)とで、長い直線部を使用して、上記のX線透過性のための記録的な明るさ、より高いビーム電流と先駆的な超伝導アンジュレータ、横の高周波偏向空洞独自の高繰り返し周波数を生成するために、1ピコ秒 - 持続時間X -線パルス。ピコ秒1兆です。

ユニークなX線の能力とビームライン新
長いイメージングビームライン、X線透過性、短パルスX線、高磁場、非弾性散乱、位相コントラストと現実的な環境でnanobeams用光学系を中心にナノメートル。これらの機能は重要な科学の質問にお答えしますと、ピコ秒ナノメートルの空間分解能と時間分解能より良いマイクロボルトの範囲の大きさ、超高エネルギー分解能以上の3桁の超高位相コントラストになります。

Last Update: 15. October 2011 19:13

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit