Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanoenergy

アプライドマテリアルズのラインから生成された薄膜太陽電池モジュールは、ULマスター認定プログラムの資格

Published on May 5, 2010 at 6:34 AM

UL(Underwriters Laboratories)規格、安全性のテストおよび認定の世界的リーダーは、アプライドマテリアルズアプライドマテリアルズ薄膜ライン™によって生成された太陽電池モジュールは太陽電池業界向けにULのマスター認定プログラムのために修飾する最初であることを発表しました。 2009年に導入されたプログラムは、合理化されたテストおよび太陽光発電(PV)モジュールおよび製造装置メーカが迅速に市場に製品を得るのを助けることを目的と認証手続きで強化されたサービスの提供です。

マスター認定プログラムの下でこの資格で、アプライドマテリアルズ™生産ラインでモジュールを生成するアプライドマテリアルズの顧客は、ULのファストトラック認定プログラムの対象になります。 Fast Trackプログラムは、メーカーがアプライドマテリアルズのラインで製造モジュールを認証するために時間とコストを大幅に削減することができます。 5.7平方メートルで、現在利用可能な、世界最大かつ最も強力な太陽電池パネルのいずれかを生成するアプライドマテリアルズ薄膜ラインは、、アモルファスおよび微結晶シリコン系薄膜太陽電池の製造のための自動化、glass-in/panel-out製造ラインです。

"マスターとファストトラックプログラム及びUL認定は、今後2年間の間に太陽エネルギーの約2ギガワットに400メガワットの生成から成長が期待される米国の太陽電池市場で働いてアプライドマテリアルズのラインの顧客にとって重要な、"カークHasserjianは言った、コー​​ポレート副社長、アプライドマテリアルズ。 "ULのような確立された、独立した第三者は、アプライドマテリアルズのライン生産されたモジュールの安全性と性能を検証することは、お客様がより迅速に主要な市場の発展の機会を活用することができます。お客さまの二人はすでに正常にULファストトラック認定プログラムを使用してアプライドマテリアルズの生産ラインのモジュールを認定しています。"

カスタマイズされたテストフィクスチャおよび機器は、大型アプライドマテリアルズのモジュールを扱うように設計された。これは、製品の安全性とパフォーマンスが公開され、UL規格とIEC規格に準拠している検証サンノゼ、カリフォルニア州の優秀なULのPV技術センターで厳密なテストシーケンスを受けるために製品のために不可欠でした。モジュールのいくつかのサイズが大きいため、優秀のULのPV技術センターでは、この技術を扱うために装備の環境試験室を運営する国のいくつかの試験ラボの一つです。研究所はまた、2009年の拡張以降、その種の北米で最も包括的な商業太陽試験施設のまま。

"ULがPV業界の支援に取り組んで、お客様が個々のニーズを満たすために我々の太陽系のテスト機能を拡張し続けている - 大と小 - だけでなく、成長する市場の要求に、"ジェフSmidt、ゼネラルマネージャーとの副社長ULの世界のエネルギービジネスユニット。 "アプライドマテリアルズとの我々の最近の仕事は、お客様にとって重要である、マスターとファストトラック認定プログラムは、プロジェクトのターンアラウンドタイムを短縮し、市場へのスピードを上げる方法の完璧な例です。"

ULの太陽光発電プログラムはUL1703、UL 61730、IEC 61215、IEC 61646及びIEC 61730を含む、国内および国際的な基準、両方をテストすることができます。サービスは、カリフォルニア州サンノゼ、Zeppelinheim、ドイツ、蘇州、中国と日本とインドでは今年後半にULのPV技術センターでは、北米、欧州およびアジア市場に対してグローバルに利用可能です。

ソース: http://www.appliedmaterials.com/

Last Update: 6. October 2011 20:20

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit