Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Technical Sales Solutions - 5% off any SEM, TEM, FIB or Dual Beam

Agilent は新しい原子力の顕微鏡検査のプラットホームをもたらします

Published on May 11, 2010 at 7:49 PM

Agilent Technologies Inc. (NYSE: A) は今日 Agilent 6000ILM AFM の新しい原子力の顕微鏡検査のプラットホームのアベイラビリティを (AFM)発表しました。 6000ILM AFM は継ぎ目無く逆にされた光学顕微鏡か逆にされた共焦点の顕微鏡のそれらの AFM の機能を統合する最新式の研究の解決です。 6000ILM AFM は生命科学の研究者が前例のない使い易さの nanoscale の空間分解能を達成することを光学回折限界を越えて行くことを可能にします。

「新しい 6000ILM 分子イメージ投射、生きていセルイメージ投射の許可によってすぐに光学顕微鏡の機能を拡張します、力は調査し、効率的で、自然な作業の流れを維持している間」、は機械刺激は単一システム解決、すべてジェフジョーンズ言いました、チャンドラーの Agilent の nanoinstrumentation 機能のためのオペレーション担当マネージャーと行なわれるために調査しますアリゾナ 「6000ILM 細胞膜を調査するために理想的の、セルの表面の構造、単一 DNA または RNA の繊維、個々の蛋白質、単一の分子および生物高分子物質」。が

最終的な使い易さのために、 6000ILM は自動化された光検出機構のアラインメントを用いるコンピューター制御レーザーを使用し、光学画像に基づいて簡単なポイントおよびシュート AFM イメージ投射を提供します。 安定性が高いのの精密によってモーターを備えられる段階測定のための AFM の先端の下のサンプルの動きを指示します。 研究者は AFM イメージ投射と蛍光性かすぐに結果として生じる画像の高精度オーバーレイを作成するために DIC イメージ投射を、同時に行うのにオフ・ザ・シェルフ 0.55NA コンデンサーを使用できます。 6000ILM は高解像の地形およびマップ、機能興味のポイントを次々に配列するおよびサンプルの構造および物質的な特性の領域についての詳細情報の獲得促進します。

6000ILM は Agilent の無比の内部液体イメージ投射のための特許を取られた磁気 AC モード (MAC のモード) を含むいろいろスキャンのプローブの顕微鏡検査イメージ投射モードを、サポートします。 追加 6000ILM 利点は Agilent の革新的な PicoTREC、リアルタイムの分子認識イメージ投射のために、また蛋白質の展開のような実験のための力の分光学を、含んでいます。 なお、 Agilent のサンプル版の一義的なデザインは優秀な安定性および容易なサンプルローディングを提供します。 ヒートコントロールは包囲されたから 0.1 C の精密との 80 C に使用できます。

Last Update: 12. January 2012 09:27

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit