Posted in | Nanomedicine | Nanomaterials

フェーズ1 CALAA - 001の臨床試験では、ターゲットナノ粒子を介して全身のsiRNAデリバリーを表示

Published on June 1, 2010 at 8:15 AM

アローヘッドリサーチコーポレーション(NASDAQ:ARWR)は本日、第1相臨床試験からの中間データは、その過半数所有子会社、消えるように医薬品が実施した臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会2010年アメリカの学会で発表されることを発表しました。

裁判は次第に弱いの治療候補CALAA - 01、独自の配信システム、ロンデル(TM)、および癌を標的とするsiRNAの配列の製剤を含む。 UCLAのJonnson総合がんセンターのDr。アントニリーバスは午後5:00東部標準時で2010年6月6日(日曜日)にポスター発表のデータを説明します。

"ロンデルは、我々は最終的に複数のRNAi治療薬を有効と思われる柔軟な配信システムであり、我々は我々がCALAA - 01で見てきたものに勇気づけられている。"
"癌患者の標的ナノ粒子を介したsiRNAの全身送達:ファーストインクラスのフェーズ1臨床試験の結果"と題された臨床試験データとの抽象的な、(要旨番号3022)も発達治療で発表される予定 - 日曜日の実験治療セッション、午後2:00から午後6:00まで6月6日

"ヒトでのRNAi実験を介して全身のsiRNA導入と遺伝子サイレンシングを示す第一の概念実証データとして、これらのデータは、当社にとって、より広範なRNAiの産業にとって重要なマイルストーンを表し、"博士クリストファーAnzalone、アローヘッドの最高経営責任者(CEO)は述べています。 "ロンデルは、我々は最終的に複数のRNAi治療薬を有効と思われる柔軟な配信システムであり、我々は我々がCALAA - 01で見てきたものに勇気づけられている。"

博士リーバスは、ヒトにおけるsiRNAの効果的な全身送達と長年のハードルを考えると、これらの刺激的なデータは、RNAiの分野のための重要な一歩を表す"と述べた。腫瘍から生検細胞内のロンデルのsiRNAのナノ粒子の検出は、そのロンデルが患者の血流に注入された後、腫瘍へのsiRNAを往復することができるを示しています。我々はまた、効果的な全身送達の優れた効能が、どちらもmRNAとタンパク質のノックダウンと同様に用量依存的に腫瘍内でロンデルの存在を、見てきました。多くの作業を行う必要がまま、これらの知見はロンデルの配信システムのアプローチは、現在治療不可能とみなされている多くのがん治療のターゲットのための薬物送達および治療のための手段として使用するために拡張される可能性が示唆された。"

フェーズI CALAA - 001臨床試験はロサンゼルス、カリフォルニア州のUCLAジョンソン総合がんセンターで、サンアントニオ、テキサス州にあるSTART(南テキサスは研究治療を加速)で行われている。試験はオープンラベル、他の標準的治療の治療を失敗している固形腫瘍、成人において静脈内投与CALAA - 01の用量エスカレート研究である。日付にCALAA - 01で治療された患者15人においては、用量制限毒性は観察されなかった。最高用量レベルで一人の患者は、四ヶ月前のコースからの変更を安定した転移性悪性黒色腫を持っていた。人の患者からの生検では、用量レベルと相関する量で腫瘍のCALAA - 01ナノ粒子を示した。さらに、標的メッセンジャーRNAの減少と標的タンパク質が観察され、最高用量では、標的タンパク質は、特異的な切断シーケンス(RACE - PCR)により、機構の確認をノックダウンされました。研究の著者は、標的ナノ粒子を介したsiRNAの全身送達は忍容されていることを結論と特定、siRNAによる遺伝子サイレンシングを誘導することができる。研究は進行中で、患者が増量に在籍され続けている。当社は、2010暦年末までに第I相試験を完了する予定。

ソース: http://www.arrowheadresearch.com/

Last Update: 26. November 2011 13:12

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit