Nantechnologyにおけるカーボン応用に関する研究

Published on August 25, 2010 at 7:50 AM

市場調査は、同社のサービスに"カーボンナノ材料"レポートの追加を発表した。 ( http://www.researchandmarkets.com/research/829a19/carbon_based_nanom

炭素は、すべての生物の本質的な構成要素です。炭素のユニークな機能では、2つ以上の原子結合が想定できる様々な形です。炭素は、このように、世界中の研究者からかなりのR&Dの関心を集め、そして魅了し続けている。ナノテクノロジーの炭素の使用は、研究の非常に有望な領域であり、かなりの政府資金は、カーボンナノテクノロジーの研究に投資されています。

ても研究の多くの年後、謎のオーラは、炭素の結晶形態/同素体がいくつ存在するかの質問を囲むように続けます。

炭素の知られている形式は、次のとおりです。グラフェン、グラファイト、ダイヤモンド、ナノチューブ、フラーレン(C60、C36)とnanodiamondoids。炭素のこれらの形態の各々は、ハイブリッド軌道の異なる数字(SP2、SP3、SP)によって特徴付けられる。

この作品は、その分野の専門家によって書かれた炭素系材料、で、10の包括的な章で構成されています。の章では、炭素系材料に関する最新の基本と実践的な情報が含まれています。彼らはこうしてsubjecyに一意の貴重な紹介を提供し、ダイヤモンドイド炭化水素、カーボンナノチューブ、ナノ結晶/微/超ナノ結晶ダイヤモンドとカーボンナノ構造材料に関する作業が含まれています。

キートピックがカバー:

  • 第1章:ダイヤモンドイド炭化水素
  • ヤコブFilik P1
  • 第2章:電子源としてカーボンナノチューブ
  • M.マン、KBK Teoさん、ウィスコンシンミルンp27の
  • 第3章:高度な音響デバイスのためのナノダイヤモンドコーティング
  • オリバーA.ウィリアムズp65の
  • 第4章:Ar/H2/CH4マイクロ波放電によるナノダイヤモンドの成膜
  • F. Bndic、K. Hassouni、G.ロンバルディ、F. Mohasseb、P.ブルーノ、D.モンガー、A. Gicquel P83
  • 第5章:厚自立MWCNTブロックの成長、特性と応用
  • シモーネムッソ、ステファノビアンコ、マウロGiorcelli、ミカエラカス、G. Digregorio、アルベルトタリアフェロP111
  • 第6章:化学蒸着微結晶、ナノ結晶、Ultrananocrystallineと単結晶ダイヤモンド薄膜へのルート
  • ポールW.月P145
  • 第7章:カーボンナノ構造材料の合成、原子構造と物性
  • 武雄奥、Ichihito成田、Naruhiro恋、菅沼克昭、Rikizo畠山、孝道平田p177
  • 第8章:化学蒸気は熱可塑性プラスチック射出金型用ダイヤモンドを堆積させた
  • VFネト、N.アリ、モニカSAオリベイラ、ヨスGrcio p209
  • 第9章:生体用カーボンナノチューブ/ポリマー複合材料
  • S. Kanagaraj p255
  • 第10章:ナノコーティング
  • ジェフTh.M.ドHosson、YTペイ、ダミアーノガル

ソース: http://www.researchandmarkets.com/

Last Update: 5. October 2011 11:45

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit