Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Nanomaterials | Nanobusiness

Micromeritics は Nanoporous のカーボンベースの文書のための未来の挑戦の第 2 シンポジウムを後援します

Published on September 14, 2010 at 7:35 PM

2010 年 9 月 23 日 - 25 日、 Micromeritics に Sunroute のホテル長野 Higashi-Guchi および工学の学校、信州大学、長野、日本で保持されるべき Nanoporous のカーボンベースの文書のための未来の挑戦の第 2 シンポジウムのスポンサーとして加わっています。

カーボンベースの材料の研究は環境に優しい技術の開発のための緊急な要求が原因で世界中拡大しています。 Nanocarbons、 nanotubes、 graphenes および金属有機性フレームワークはこのエネルギー関連のシンポジウムにすべて議論のトピックです。 、議論とのおよび提示は木曜日、 9 月 23 日のホテル Sunroute 長野 Higashi-Guchi と工学の学校、金曜日の信州大学および土曜日、 9 月 24 日 - 25 日にエキゾチックな Nano カーボンプロジェクトのための研究所および信州大学で誘われた科学者によって工学の学校によって組織されて催されます。

1962 年以来のビジネスでは、 Micromeritics は材料性格描写の器械使用およびカーボンベースの nanoporous 材料を含む新しい研究を助けるためにアプリケーションサポートを提供しました。 Micromeritics のの 1 つは」科学者、 Jacek Jagiello 先生、土曜日、 9 月 25 日のペーパーを示します。 さらに、会社は木曜日、 9 月 23 日のレセプションを後援しています。 Micromeritics はこの重要なシンポジウムの主要なスポンサーとしてリーダーシップの役割を取って自慢しています。

より多くの情報訪問 http://www.pac.ne.jp/ncss2010/common/pdf/CBNM2010-Nagano.pdf のため

Last Update: 12. January 2012 10:50

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit