Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

AIXTRON は起源 Photonics から新しい順序を受け取ります

Published on September 23, 2010 at 4:25 AM

AIXTRON AG 今日既存の顧客 Genesis Photonics Inc. からの 6 つの新しい世代 CRIUS II の 55x2 インチ構成沈殿システムのための新しい発注を発表しました。 台湾の基地会社は 2010 年の第二期の間に順序を置きました。

第四四半期 2010 年と第二期 2011 年間のシステムの配達の後で、それらはガリウム窒化物 (GaN) の緑および青い LED の生産のために使用されます。 ローカル AIXTRON の支援チームは起源 Photonics の新しいリアクターを」捧げました機能を依託します。

デイヴィッドチョン、起源 Photonics の注釈の議長、 「私達に私達の高性能の緑 LED のウエファーの製造のために AIXTRON の新しいプラットホームで大きい信任が、 CRIUS (CCS) II. の起源常に使用したありますことが AIXTRON の近くつながれたシャワー・ヘッドシステムをあります。 私は私達が AIXTRON 工学の品質に常に頼り、彼らの敏感なローカルサポートを認めてもいいことを確認します。

起源は最近私達の既存の容量の限界に私達を取った従って私達は私達の LED の epi の生産ラインのための新しい拡張をすぐに持って来なければなりません大口注文に勝ちました。 私達が今年の終わりに最初の CRIUS II システムを受け取る場合、私達は私達の既存のシステムから新しいプラットホームに 2011 年に渡されるべきシステムにそれを加える前に私達の調理法を転送します。 私達はまた要求に応じるために私達が」。拡大すると同時に来年の間にそれ以上のシステム順序を置くことを予想します

「AIXTRON MOCVD の倍の生産性だけの新しい世代またしかしよりよいエピタキシアル結果を提供します」、は先生を Sales AIXTRON 副大統領言います Bastian Marheineke。 「CRIUS II は必要なタイムに市場のステップを最小化する簡単な移行の経路およびスケーラビリティを提供します。 私達は新しいプラットホームとの私達の顧客の成功のためのサポートに十分に託されます」。

2002 年に創設されて、起源 Photonics は台湾の対楠の科学に基づく工業団地で本部に置かれます。 高度の半導体技術および効率的な管理で、会社は急速に育ちま 2004 年に公表します。 会社のビジネス焦点は全般照明、電子表示、モニタのバックライトおよび自動車ランプを含んでいるアプリケーションに GaN ベースの LED epi ウエファーおよびチップ製品を提供することです。 起源 Photonics」最新の強力な LEDs は大きな需要にあり、一流の明るいコンポーネントおよびエネルギー効率が良い照明製品を考慮しました。 会社は日本、中国および台湾全体販売される LED の電球 (LEDplux) の自身のブランドがあります。

ターム CRIUS® は登録商標です。

Last Update: 12. January 2012 02:29

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit