Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoanalysis

マイクロ材料の第 10 ヨーロッパのユーザー会合のために使用できる今完全なプログラム

Published on September 24, 2010 at 10:14 AM

マイクロ材料株式会社、 Politecnico のディディミアムミラノと共の、ミラノ、第 10 ヨーロッパのユーザー会合のための完全なプログラムを発表するために喜びます。 完全なプログラムはここにクリックによって見つけることができます。

主要な会合
日付: 木曜日、 2010 年 10 月 28 日 (システムデモおよび研修会は第 27 で起こります)
開催地: Politecnico のディディミアムミラノ、ミラノ
フォーマット: 手時間通りにおよびシステム実証を含む 17:00 の話そして議論への 09:30。

誘われたスピーカー

ビル Clyne のゴードンの実験室、イギリスケンブリッジ大学教授
話のタイトル: 残留圧力の測定のための準静的刻み目の高い歪み速度の影響の刻み目そして使用。

エドアルド Bemporad のローマ 「ローマ Tre」の大学教授、イタリア
話のタイトル: 高リゾリューション材料性格描写のための集中されたイオンビームそして nanomechanical テスト

粒子科学の Mojtaba Ghadiri、協会および工学、イギリスリーズ大学教授
話のタイトル: 準静的刻み目および単一の粒子の影響のローディングの下のアスピリンの破損動作の比較: 開裂の平面の効果

Marc Masen の表面の技術およびトライボロジーの Twente、ネザーランドの大学のための実験室先生
話のタイトル: 三体研摩の摩耗への調査

より多くの情報のために paul.aden@micromaterials.co.uk に連絡して下さい

Last Update: 12. January 2012 04:44

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit