Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoanalysis

Malvernの粒子サイジングビジネスは、日本で直接取り扱うことに

Published on October 3, 2010 at 8:06 AM

マルバーンは、神戸でマルバーン日本のオフィスで2010年10月1日に開催された祝賀会で、日本での直接操作の拡張子をマークしている。マルバーン日本は地域でバーンのプロセスの業務を管理するために2003年2月に設立されました。新しく拡張された組織は現在、同社の粒子特性評価システムの全範囲にわたって直接販売、技術およびアプリケーションのサポートを提供するために設定されています。

これは、マルバーンに直接責任を転送する前に、日本ではバーンの実験室ベースの粒子特性評価システムを分散シスメックス株式会社、、との協定の締結に従います。両社はまた、日本を含む世界中で代理店をマルバーン作る予定シスメックスFPIAの粒子特性評価機器、のための新しい独占販売契約を締結しました。

お祝いのランチにご宿泊のお客様は、ポールウォーカー、マルバーンのマネージングディレクター、久恒、シスメックス株式会社の社長兼最高経営責任者だけでなく、ジムFatkin、アジアのためのバーンのリージョナルマネージャーの両方で対処された。

ポールウォーカーは、感謝とシスメックスのチームに敬意を払って、誰とマルバーンは、1998年から働いており、シスメックスは、日本ではバーンの粒子特性評価システム用に開発されていることを事業の健全な基盤を構築することを期待した。

"我々は他の場所で行うようにマルバーンの製品の範囲の継続的な成長と多様化に伴い、今では、私たちは日本での直接操作を拡張するために、単一の組織を通じての粒子特性の事業を管理するための適切な時期であり、"ミスターウォーカー氏は語る。 "私は、我々はまた、シスメックスFPIAシステムの世界のための新しい販売代理店契約を締結していることとマルバーンとシスメックスは、生命科学のコミュニティのための粒子特性評価システムの開発に協力し続けることを嬉しく思います.."

久恒、シスメックス株式会社の社長兼CEO:"バーンとシスメックス産業の粒子特性評価事業のマルバーン日本への転送が製品や市場との相乗効果を利用するために、私たちの長年の良好な関係の発展の論理的なステップである。同時に、私たちは私たちはさらなる成功を構築できるようになります期待シスメックスFPIAの楽器、日本国外の内側と両方、のためのマルバーンと販売代理店契約を締結したと満足している。我々は産業用の粒子で協力していきますが、特性評価の領域では、我々は機会がバイオサイエンス分野でのエキサイティングな新製品の共同開発で生じることを願っています。"

:マルバーン日本についてのさらなる情報についてはをご覧くださいwww.malvern.jpまたは連絡先を。

マルバーンは日本、
南ビル658神戸国際ビジネスセンター、
5-5-2 Minatojimaminami町中央区、神戸市
兵庫県650-0047日本
電話:+81(0)78 306 3806ファックス:+81(0)78 306 3807

Last Update: 4. October 2011 22:53

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit