Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

AIXTRON は MOCVD リアクターのための MicroLink 装置から順序を受け取ります

Published on October 19, 2010 at 4:33 AM

AIXTRON AG 今日 MicroLink Devices の Inc.、米国、会社 HBT 装置の製造で実行されたおよび III-V の太陽電池の開発からの MOCVD リアクターのための新しい発注を発表しました。

Niles は 8x6 インチのウエファー構成で、イリノイベースの会社 1 つの AIX 2800G4-R MOCVD システムのための注文しました。 2011 年の第二期の配達の後で、それは太陽電池および HBTs の生産のために使用されます。 新しいリアクターは MicroLink 装置」すてきな最新式のエンジニアと働くローカル AIXTRON の支援チームによって依託されます。

Noren 先生鍋、 MicroLink 装置、 2000 年に私達の創設以来の注釈の大統領は、 「、私達の MOCVD III-V の半導体材料技術私達が国際的レベルの、高性能マイクロウェーブトランジスターを製造することを可能にしました。 私達は最近かなり太陽電池の費用を下げる (ELO)新しく、高性能の、専有 GaAs のエピタキシアル離昇の製造工程を開発してしまいました。 会社自体と同じように、私達の技術は AIXTRON 装置によって育ちました、従ってそれは販売するために私達の新製品を持って来るように適した生産の沈殿システムを選ぶ簡単な決定でした。 十分に伸ばされて私達の既存の機能が今私達は私達の生産能力を非常に高める必要があります。 AIX 2800G4-R MOCVD システムは低い費用の所有権を保っている間」。、完全な答えはで、私達に高いスループットおよび製造業の均等性を持って来ます

MicroLink 装置はマイクロウェーブおよび光通信の製品で使用されるカスタムデザインの半導体の構造の製造業者です。 2000 年以来、 MicroLink によって作り出されるエピタキシアルウエファーはずっと高速通信連絡工業へ必要な入力です。 MicroLink 装置はまた結果になった広く利用された商品がある研究開発のプロジェクトで協力しました。

Last Update: 12. January 2012 10:08

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit