Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

ドラッグデリバリーのための自己組織化ポリマー/ DNAの粒子を研究するNanoSightを使用して研究者

Published on October 29, 2010 at 5:25 AM

医学の医用生体工学、ジョンズホプキンス大学医学部の学科が使用しているNanoSightの LM10 - HSは、システムの自己組織化ポリマー/ DNA薬物送達のための粒子を研究する。

バイオマテリアルおよびドラッグデリバリーの研究室の博士ヨルダングリーンの主な研究テーマは、細胞工学とナノバイオテクノロジーにあります。粒径の知識は、さまざまな薬物送達システムの特性評価で特に価値がある。今もNanoSightからナノ粒子のトラッキング分析の補完的なテクニックを使用する動的光散乱法、博士グリーンと彼のチームを使用して、以前の経験を持ってした。 NTAは、多分散の挙動とそれらの特にそれらのサンプルへの洞察を提供しています。

NanoSight LM10を使用して、JHUでヨルダングループのNanoSight LM10 Nupura Bhiseを使用してJHUでヨルダングループのNupura Bhise

研究室では、NanoSight EMCCD高感度カメラと粒度測定分析のための404 nmのレーザーを搭載したLM10 - HSシステムを選びました。 typical研究では、粒子のソリューションは、ビジュアル分析ウィンドウ内の約30〜60光の散乱中心があったようなレベルにサンプルの濃度を調整するために純水で希釈した。個々の粒子のブラウン運動のトラッキングを含む第六十二動画を記録した。映画は、サンプルごとに少なくとも250粒子軌跡の検出を可能にするために処理されました。国税庁の分析では直接数平均粒子サイズだけでなく、絶対的な粒子濃度の分布を与える。粒子の平均、標準偏差とモードが計算されます。

この方法では、個々の粒子は直接数平均の平均を計算することができるように独立してサイズです。各粒子がカウントされますので、モード、または数値の分布のピークは、また、計算することができます。単分散の粒子の集団の場合は、DLSおよび国税庁の両方は粒子サイズに同じ値を測定した。しかし、国税庁は、多分散した試料のピーク間の細かい区別を可能にした。高分子ナノ粒子の分布の均一性は、ポリマー構造の、そして特に、ポリマーの末端基のプロパティであると考えられている。ポリマー末端基への変更も劇的に2 - Dおよび3 - D細胞系におけるナノ粒子、これらの遺伝子デリバリーの効果を変更することがわかった。

博士グリーンは我々の知る限り、これはNTAが自己組織化ポリマー/ DNAの粒子のために使用されているが初めてだ"と述べた。我々の結果は、従来のDLSの分析と組み合わせた場合は特に、その有用性を強調。"

Last Update: 25. October 2011 14:03

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit