Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Bionanotechnology

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

Nanobiotechnology のための革新の中心は第 2 管理の円卓のイベントを発表します

Published on November 1, 2010 at 6:57 PM

Nanobiotechnology (硬貨) のための革新の中心は今日グリーンズバラの Nanoscience そして Nanoengineering、 2010 年 11 月 17 日に NC の共同学校で、催されるべき第 2 管理の円卓のイベントを発表しました。 これらのイベントはこのエキサイティングなフィールドに主ビジネス問題を論議し、関係を構築する機会をかかわる北のカロライナベースの nanobiotechnology の会社および他のエグゼクティブそして企業家を提供します。

硬貨はのそして向こう nanobiotechnology ノースカロライナの商業化を促進する非営利です。 主生命科学の nanobiotechnology および州のための医学の製品のセクターの無数アプリケーションによって表される機会は重要です。 硬貨のプログラムおよびサービスは革新管理のおよび新製品の開発および商業化加速を助けるように設計されています。

Nanobio の管理の円卓のイベントは Nanoscience のための共同学校で開かれ、 Nanoengineering (JSNN) 2010 年は 11 月 17 日 5:30 からの 7:30 P.m. JSNN への新しい JSNN の建物の建築現場に隣接して米国農務省の建物にゲートウェイ大学研究公園の南キャンパスにあります。 登録は 5:15 P.m. に開きます。 2 つの基調演説者があります: 学部長、およびミケーレ Ostraat、 JSNN の先生、ジムライアン RTI インターナショナルで設計しているエーロゾルおよび Nanomaterials の中心のための年長ディレクター。

ライアン学部長は nanotech の会社および開始を含む企業の共同のための JSNN 機能、学術の供物および機会述べています。 47 の米国のパテントのライアン、教授および研究者は、 2008 年 7 月の Nanoscience そして Nanoengineering (JSNN) の共同学校の創設の学部長になりました。 JSNN はノースカロライナ、グリーンズバラのノースカロライナの農業および技術的な州立大学そして大学の共同のプロジェクトです。

年長ディレクター、 RTI インターナショナル、 Ostraat 先生は Nanomaterial の登録を確立するために彼女が導いているプロジェクト述べています。 連邦政府によって資金を供給されたり、 nanomaterials のためのデータ確認そしてデータ品質改良を促進するように設計されている登録、; 新型車、試金、標準および製造方法の開発を高めて下さい; そして生物医学的な、環境アプリケーションのための新しい nanomaterials の変換を加速して下さい。 RTI は業界団体、標準構成および登録を開発し、認可する政府機関を使用します。

参加者はまた共同および新しいビジネス関係の原因となる接続の促進を助けるように意図されているお祭りのネットワーキングのレセプションを楽しみます。 この管理の円卓のイベントのための何人かの寛大なスポンサーがあります: RTI インターナショナル、マクダネル Boehnen Hulbert 及び Berghoff LLP (MBHB)、ノースカロライナ A&T の州立大学の NSF の技術研究の中心、 Kymanox およびノースカロライナの人間工学の中心。

この無料イベントに登録するためには、 events@nc-coin.org でドクレア Valcore に連絡して下さい。

Last Update: 12. January 2012 03:15

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit