Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanoanalysis | Nanobusiness

KAUSTは、水の淡水化と再利用の研究のためNanoSight LM20を使用

Published on November 2, 2010 at 6:50 AM

のインストールとトレーニングNanoSight LM20ナノ粒子特性評価システムは、科学の権威アブドラ国王大学で完了し、技術はサウジアラビア第二の都市、ジェッダの80キロ北に位置している。

水の淡水化と再利用研究センターでは、サウジアラビア王国のジェッダ市横Thuwalにある科学技術のためのアブドラ国王大学の一部です。センターの使命は、エネルギー使用の最小化、化学物質の使用、廃棄物の残差、環境への影響と二酸化炭素排出量と障害のある品質の飲料水の源の統合と持続可能な開発に向けた研究開発に貢献することです。ナノ粒子のサイズと数は、これらの研究活動に不可欠であり、事業部は、ナノ粒子のトラッキング分析を採用したNanoSightのLM20、NTAは、自分の研究を支援するために選択しました。

KAUSTでの水の淡水化と再利用研究センターのメドKasmiはNanoSight LM20を使用しています

研究室のマネージャーは、博士ファイサルワリです。彼は、研究活動のために重要であるかを説明します:"我々の問題がコロイド状汚れです。それは膜プロセスの中断を引き起こすためです。研究者は、前の膜との直接の相互作用へのパーティクル汚染を避けるために、さまざまな可能性を探しています。この課題を回避するために、水のさまざまな種類のナノ粒子の正しいと正確な検出が必要です。水の淡水化と再利用センターは、これは将来的に探求することは非常に重要であると考える。"

彼は続けて:"センターでは、異なる種類の膜を使用した後に処理された海水を勉強しようとしています。 NanoSightのLM20を使用して収集されたデータは、膜は、ナノ粒子の除去をどのように影響するかを理解し、私たちの海の水には何かについての詳細を取得するためのガイドを提供します。"

"同様NanoSightのLM20システムを使用するなど、センターはそのような動的光散乱(DLS)とNIBS(非侵襲的な後方散乱)技術のような他の確立された粒子特性のさまざまな技術を使用しています。しかし、それぞれがそのような使用のサンプル調製と速度などのパラメータの点で欠陥を持っています。 NanoSightは、粒子、さらに計算に使用されることがありますビデオファイルに記録され、リアルタイムでサイジングとカウントを提供するユニークな利点があります。我々はサンプルを視覚化することができるので、我々は我々の結果で自信を持っている。個々の粒子の追跡は、十分に処理水の研究にそれが適して作るので、DLSよりもはるかに良いピ​​ーク分解能を可能にします。私達は"水泳"粒子として容易に細菌汚染を見ることができる間、それは、おおよその粒子濃度を与える。"

Last Update: 6. October 2011 05:12

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit