新しい MEMS の振動モニタシステムは自動に振動側面図を描くことを提供します

Published on November 11, 2010 at 3:49 AM

アナログ装置、株式会社 (NYSE: ADI は振動検出/隔離/訂正によって) 産業設備デザイナーを改善しますシステムパフォーマンスおよび維持費を助けています。

新しい ADIS16227 iSensor® の振動モニタの今日の発表によって、装置デザイナーに自律操作が可能な十分に統合された振動分析の解決があります。 これはより少なく操作か装置の補充所要時間を明確にするために導くことができる装置およびベアリング摩耗からの可能な振動ソースの早期検出、識別および隔離を可能にします。 これらの小さい振動モニタを埋め込むことによって、風力から精密工場自動化およびアセンブリ装置まで及ぶアプリケーションは自動に振動側面図を描くことから寄与します。

新しいコンパクトな、高性能の iSensor (R) IMUs

MEMS の加速度計は振動モニタリングのためにうってつけでが、統合の低レベルに普通あります。 経験を処理していて統合されたセンサーのディケイドがアナログ装置はプログラム可能な埋め込まれた処理によって 3 軸線の振動検光子に MEMS の加速度計を変形させました。 ADIS16227 iSensor の振動モニタは多重コンポーネントとの成長の複雑さそして危険を除去し、大いにより広いアプリケーションベースを可能にします。

「はじめて、産業設備デザイナーに使いやすいのがあります、現実的で、完全な砂糖立方体によって大きさで分類される振動検光子」、ボブ Scannell、 iSensor の事業開発マネージャ、 MEMS/Sensors のグループ、アナログ装置を言いました。 「ADIS16227 の開発者とプログラム可能性を処理する周波数領域の機能を感じる証明された第 4 生成の振動へのアクセスを持てばそれを調整することは非常に改善します振動ソースをすぐに隔離する機能を」。

主高性能機能および利点:

  • 埋め込まれた周波数領域の処理、 512 点の実質値 FFT、および内蔵記憶は識別し、振動の個々のもとを分類し、変更を一定時間にわたり監視し、プログラム可能なスレッシュホールドレベルに反応する機能を提供します。
  • 設定可能な分光アラームバンドおよびウィンドウオプションは問題のより早く、より正確な検出のための 6 バンド、 Alarm1 (警告のしきい値) および Alarm2 (障害しきい値) の構成の完全な頻度スペクトルの分析を可能にします。
  • 十分に埋め込まれ、プログラム可能なコンパクトな 15 mm 立方体は、振動ソースの近くの配置および手持ち型装置を使用して測定に測定からの位置/カップリングの相違によるデータ矛盾を避ける反復可能な方法で小さいシグナルの早期検出を可能にします。
  • 4 つの範囲オプション (0-1g、 0-5g、 0-20g、 0-70g) の設定可能な入力範囲 (ダイナミックレンジ) は多重操作上のシナリオをサポートする容易なプログラミングを可能にしましたり低レベルのシグナルの観察の FFT そして援助の精密を改善します。
  • 設定可能なサンプルレート (100 つまでの kHz) および平均/殺害オプションと感じる三軸線の広帯域幅の (22 kHz 共鳴) 加速は微妙な振動プロフィールの変更のより正確な査定を可能にします。

ソース: http://www.analog.com/

Last Update: 12. January 2012 20:09

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit