Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanoanalysis

マイクロ材料はミラノの第 10 ユーザー会合を催します

Published on November 17, 2010 at 7:51 AM

第 10 マイクロ材料の (MML)ヨーロッパのユーザー会合は 2010 年 10 月 27 日 - 第 28 Politecnico のディディミアムミラノ、ミラノのに起こりました。 会合は多様なアプリケーション領域の全多くの nanomechanics の検索能力に有用な洞察力を提供していて優秀なスピーカーが大成功、でした。 私達はそれらに貢献されるにすべて感謝し、彼らの出席のためのすべての代表者最終的に私達を催すために Politecnico のディディミアムミラノで教授に感謝することをパスクワレ Vena および彼のグループ望み。

会合はポール Grasske マイクロ材料株式会社の専務理事によって、開かれました。 私有に戻る MML の最近のニュースはこれが構成に新しい投資を持って来たように共有されました。 NanoTest システムの改良されたプラットホーム 3 およびヨーロッパ人の NanoTest のすべての新しいユーザーの円形の優秀な利点へまた短い導入がありました。

Politecnico のディディミアムミラノ - Dipartimento di Ingegneria Strutturale。

これは教授によるパスクワレ Vena の土木建築工学 (Dipartimento di Ingegneria Strutturale) の部門および特に生物的構造の機械工 (実験室確立された) の実験室で多様な研究ラインについて話した Politecnico のディディミアムミラノ短い歓迎された話に、 2000 年に先行していました。 研究トピックは研究のレベルに一致させるために複数の実験施設に頼る生体材料そして MML の NanoTest を含む生物的構造のマイクロメカニクスの領域を含んでいます。

詳細については個々のセッションおよび提示でここにクリックして下さい。 下記のものを含まれているこれらのセッション:

  • 会合の開会式は Politecnico のディディミアムミラノの教授によってパスクワレ Vena 議長を務められました。
  • 日の第 2 セッションはケンブリッジ大学の教授によってビル Clyne 議長を務められました。
  • 日の第 3 セッションは Twente の大学の先生によって Marc Masen 議長を務められました。
  • 日の最後のセッションはマイクロ材料株式会社の教授によってベン Beake 議長を務められました。

Last Update: 11. January 2012 18:32

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit