Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D

再生可能エネルギーの研究の Nanoscale の性格描写のための新しい世代 AFM のモードおよび測定のモジュール

Published on November 30, 2010 at 6:56 PM

Bruker Corporation (NASDAQ: BRKR) 再生可能エネルギーの研究の nanoscale の性格描写 (MRS)のためのターンキー解決に Bruker の AFM システムを変形させる原子力の顕微鏡検査のモードおよび (AFM)測定のモジュールの新しい世代のリリースに会う材料の研究の社会の落下 2010 年に今日発表される。

これらの新しい AFM のアクセサリの最も重要の、 PeakForce TUNA™のモジュール、有機性 photovoltaics、リチウムイオン電池の合成物およびカーボン nanotube ベースの装置構造を含む壊れやすいサンプルの非常に高リゾリューションの nanoelectrical 性格描写を、可能にします。 この機能を補足して、電気化学の研究のための Bruker の新しい提供は AFM で広い支払能力があるコンパティビリティ、 PPM レベルの環境制御および容易な in-situ 液体のスキャンを提供します。

材料の研究の nanoelectrical 性格描写の成長する領域の科学者に開発中の新しい機能を提供するために 「私達は刺激されます」先生マーク R. Munch を Bruker の Nano 表面ビジネスの大統領言いました。 「この新製品リリースは量的な nanoscale の性格描写のための顧客の必要性の対応によってエネルギー市場に AFM の技術を拡大するために私達の継続的駆動機構の重要な前進を表します。 これらのモジュールが Bruker の一部として私達の最初新製品リリース間にである私達は満足しています。 私達の指導者の地位の建物、それらは私達が過去 3 年にわたって」。渡した革新的な新製品の急速なストリームの適切な継続です

追加されるデイヴィッド Rossi 氏、 Bruker の AFM の単位の副大統領および総務部長: 「nanoelectrical および電気化学の製品の私達の新しい組は私達の開発チームの nanoscale の研究の AFM の革新の長い相続財産の部分であり、彼らは PeakForce Tapping™および ScanAsyst™のモードの基礎で構築します。 私達はそれらのフィールドの主要研究者そして会社と見ます未来のエネルギー世代別および記憶材料、私達の成長する競技場の非破壊的な、人工物なしの nanoelectrical および電気化学の性格描写のための満たされなかった必要性を組んでいます彼らの成功を可能にするために革新的な製品を渡すために」。

新しいモジュールは敏感な機械および環境制御を必要とするサンプルの nanoscale の電気および電気化学の性格描写のための Bruker の解決の組を拡大します。 PeakForce のマグロのモジュールは、はじめて、有機性 photovoltaics のような壊れやすいサンプル、リチウムイオン陰極でマップする伝導性を許可するために叩く PeakForce と共に新しい現在のアンプを利用しサンプルによって引き起こされる有害な効果のないカーボン nanotube アセンブリは汚染を損ない、ひっくり返します。 さらに、それは Bruker の排他的な PeakForce QNM™イメージ投射モードの nanoelectrical および nanomechanical マップの直接的な相関関係を可能にします。 PeakForce のマグロのモジュールは最も敏感なサンプルのための酸素そして水の PPM レベルの制御をできる新しい環境制御の解決によって補足されます。 新しい電気化学 AFM のセルはリチウム電池の研究のために広く使われたそれらを含む溶媒の広い範囲のために互換性がある、ように設計されていました。

Last Update: 11. January 2012 16:17

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit