Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

高等研究企画庁は UCLA に $8.4 不揮発性電子技術を開発するために百万を与えます

Published on December 3, 2010 at 11:59 PM

米国国防総省高等研究計画局は (DARPA)工学および応用科学の UCLA ヘンリー Samueli の学校をコンピュータおよび電子デバイスが動力を与えられている間状態を保つことを可能にする不揮発性論理として知られている技術の研究のための $8.4 百万許可、与え、そして開始し、そして複雑なプログラムを即座に実行します。

研究に携帯用電子工学、リモートセンサー、無人の空気の手段および高速・大容量の演算を含む技術の範囲を渡る広い含意が、あります。

UCLA 工学研究者はそのような技術を開発するのに使用された材料、デザイン、製造およびツールに調査を行ないます。

「このプロジェクトで開発された技術 spintronics のだけ範例シフトのための基礎を、形作りますが、全体として電子産業で」、は Kang Wang、 UCLA のレイセオン電気工学部教授およびプロジェクトの共同主任調査官を言いました。 「米国が」。はこの新しい不揮発性電子技術の開発の鉛を取るようにするので、高等研究企画庁からのサポート重大です

今日のデジタル回路は情報を保存し、転送するのに (CMOS)電子の料金を使用する無料の金属酸化膜半導体の集積回路に頼ります。 しかし装置およびチップがナノメーターのスケールにより小さく、よりコンパクトに、 CMOS の基本的な限界なったので近づかれています。 spintronics の出現フィールドは電子の別の面 - 回転 - を本来磁気である強磁性材料を利用する情報を転送するのに開発します。

強磁性材料を使用して装置はつけられたとき力が取除かれる、より少ない力を大いに消費します時でさえ不揮発性である場合もあり計算の状態を維持します。

UCLA の研究者は発達させることを原因となることができる高性能電子工学プロトタイプ不揮発性論理回路、超低力の新しいクラスの開発の向けています。 研究計画は 3 つの技術的な領域を探索します: nanoscale の磁気材料の動作; 不揮発性論理回路の製造そしてテスト; そして新しい回路および回路デザインツールの開発。

Nanoelectronics (勝利) および機能設計された NanoArchitectronics のための中心の西部の協会の研究者は (FENA)、 Wang によって導かれる UCLA の工学および両方で収容されて両方 spintronics 材料の複数の研究の進歩をし、過去数年間に設計します。 この研究は高等研究企画庁の出資による不揮発性論理プログラムにてこ作用です。

「このプログラムの意欲的な目的を達成するために、私達は材料および装置両方構造の点では主革新をもたらすことを計画しています。 これはエキサイティングな技術を開発している間」、新しい nano 磁気物理学を調査する機会です UCLA にプロジェクトマネージャーである研究教授 Pedram Khalili を言いました。

プロジェクトは主任調査官の下の Kang Wang およびアレックス Khitun、補助研究エンジニア UCLA によって導かれ、マサチューセッツの UCLA、カリフォルニア州立大学アーヴァイン校、エール大学および大学からの研究者を含みます。

ソース: http://www.ucla.edu/

Last Update: 11. January 2012 17:24

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit