Posted in | Nanoanalysis

マルバーンはPITTCONで粒子径とゼータ電位ショートコースを開催

Published on January 10, 2011 at 9:04 AM

マルバーンは PITTCON 2011(;アトランタGA 3月13日〜18日2011)で確立されたプログラムの一環として、2つの1日の短期コースを実行します。 3月14日、これらの最初は、3月16日に行われる光散乱技術に重点を置いて、第二、とサイジング粒子の基礎をカバーして、動的光散乱とゼータ電位によって分子と粒子特性評価を調べます。

登録がPITTCONのウェブサイトを経由して両方のためのオープンですwww.pittcon.org

"光散乱法を重視した粒度分布測定の基礎は、"粒度分析の基礎に高速化するためにフィールドをサイジング粒子への新規参入をもたらすでしょう。主な技法は、(ふるい、沈殿、エレクトロセンシング)動的光散乱、レーザー回折に重点を置いてカバーされます。

動的光散乱とゼータ電位による"分子と粒子特性評価は、議論検討し、動的光散乱(DLS、PCS、QELS)、分子量と電気泳動光散乱(ゼータ電位)測定のための有用なヒントを提供します。

Last Update: 9. October 2011 19:13

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit