新しい研究は、ナノテクノロジーやバイオ燃料のシングル質問の調査には重大な欠陥がハイライト

Published on January 20, 2011 at 6:14 AM

アリゾナ州立大学、ノースカロライナ州立大学とウィスコンシン大学の研究者による新しい調査は、科学の問題に関する世論を評価するために、単一の調査の質問を使用するときに、大きな欠陥を強調。

科学の公共理解によって最近発表された研究は、新しい科学の分野でリスクを言う人々はより詳細な質問をしたときの利点は、多くの場合、実際のリスク以上のメリットを認識上回ることがわかった。

新しい研究は、科学の問題に関する世論を評価するために、単一の調査の質問を使用するときに、大きな欠陥を強調。

"研究の目標は、我々は正確に科学技術問題に関する世論を測定するためにある調査の質問を使用できるかどうかを検討することだった"エリザベスコーリー、アリゾナ州立大学(CNS -での社会におけるナノテクノロジーのためのセンターとの共同主任研究者は述べてASU)と研究の共著者。 "しかし、我々はこれらの複雑な科学の問題は正確にそれらについての世論を測定するためにリスクとベネフィットについての複数の調査の質問を必要としないことがわかった。"

"新興技術と科学への世論のコミュニケーションに与える潜在的影響のリスク/ベネフィットの認識を測定、"研究は、アンドリューバインダー、ノースカロライナ州立大学でコミュニケーションの助教授が主導し、そしてコーリー、リンカーン教授が共同執筆したDietram Scheufele、CNS - ASUとウィスコンシン大学の生命科学のコミュニケーションのジョンE.ロス教授で、コーリーとの共同治験;マイケルカッチャトーレ、ウィスコンシン大学博士課程の学生、公共政策、倫理およびASUにおける新興技術のまたブレットショー、ウィスコンシン大学の教授。

バイオ燃料のナノテクノロジーと他のに焦点を当てたオン;単一質問調査の問題の性質を評価するために、研究者は、2つの調査を開発した。それぞれの調査で、回答者は、包括的な質問をした:ナノテクノロジー/バイオ燃料に関連するリスクがメリットを上回るか、メリットがリスクを上回るか、またはリスクと利益はほぼ同じですか?研究者は、調査の参加者にナノテクノロジーやバイオ燃料に関連する特定のリスクとベネフィットに関する一連の質問を尋ねた。

研究者は、包括的な質問が正確に個々の回答者の意見をキャプチャしたかどうかを確認するために、特定の質問に対する彼または彼女の反応との包括的な質問に対する参加者の応答を比較した。

彼らは問題を発見した。

"特定のリスクとベネフィットに関する質問への応答と比較した場合、新たな科学のリスクが利益を上回ることが包括的な質問に答えた人々の間で重大な不一致があった"とバインダーは述べています。別々にこれらの属性を評価する機会を与えられたときに"すなわち、それらの同じ人々は本当にリスクよりも利益を感知した。

例えば、ナノテクノロジーの調査では、リスクを言う回答者の50%は、実際に調査の他の部分で積極的にナノテクノロジーを評価する利点を上回る。実際には、リスクを考えて回答者のわずか35.4パーセントは、実際に調査の特定のセクションにメリットよりもリスクを計算した利益を上回る。研究者は、バイオ燃料の調査でもほぼ同様ですが、それほど顕著、結果を発見した。

研究はまた、その利点を言う人々が一貫して調査の具体的な質問のセクションではリスクよりもメリットを認識包括的な質問に対応してリスクを上回ることを示した。

方法論的な意味を超えて、この分析は、科学に対する国民の意識の領域で研究者が正確に新興技術に向けた世論の動向に関する一般的な公開、政策立案者、科学者とジャーナリストを通知するために測定の概念を再検討する必要がありますいくつかの理由を示唆している。

"一番下の行は、社会科学者とジャーナリストは、単一の、包括的な調査の質問からのデータに依存する場合は非常に注意する必要があるということです、"バインダーは言う。 "これらの単純化されての質問は、誤解を招くような世論調査のデータになると、それらの知見に基づいて決定をベースに政策立案のための問題を作成することができます。彼らは一般的に調査に対する国民の信頼を弱める広く異なる結果を、示す別の世論調査に寄与する可能性があるため、彼らはまた、問題となる可能性があります。"

Scheufeleのと研究上のコーリーの作品は、公共および科学者両方の間で、の理解とナノスケール科学と工学とその潜在的な社会の成果に関連する値を監視するために、そして時間をかけてこれらの変数を追跡するためにCNS - ASUで、その取り組みの一環です。 。 CNS - ASUは、全米科学財団によって資金を供給される。研究はまた、米国農務省によって資金を供給された。

ソース: http://www.asu.edu/

Last Update: 17. October 2011 09:08

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit