Posted in | Nanoanalysis | Nanobusiness

デジタル波との Leica のミクロシステムの印の一致

Published on January 28, 2011 at 5:39 AM

Leica のマップの表面イメージ投射およびデジタル波の山の技術に基づく度量衡学のソフトウェアが Leica の産業顕微鏡のために Leica のアプリケーションスイートと使用されるという Leica のミクロシステムおよびデジタル波は一致 (LAS)の署名を発表しました。 新しい Leica のマップのソフトウェアが視覚化し、測定された表面の機能を量を示したり、表面の質および幾何学を特徴付け、完全なトレーサビリティの視覚表面の度量衡学のレポートを生成するのに使用されています。 それは高度アプリケーションのために任意選択モジュールが付いている 3 つのレベルで使用できます。

初級練度の Leica のマップの開始のソフトウェアは LAS のモンタージュと共に使用されます。 LAS のモンタージュは知られていた間隔をあけることで一連の画面を得ま標本の内部焦点領域を Leica の顕微鏡でカバーします。 このスタックから深さマップおよび拡張焦点の画像は Leica のマップによって得られ、分析されます。 Leica のマップの開始では、表面の地形はリアルタイムのあらゆるズームレンズのレベルそして角度で見ることができます。 カラーおよび強度の画像オーバーレイは欠陥を含む表面機能の位置を、促進します。 間隔、角度およびステップ高さは測定することができます。 高さおよび機能パラメータは面積表面の質の最新の ISO 25178 の標準に従って計算されます。 任意選択モジュールは表面の質および輪郭の分析に機能を拡張できます。

Leica のマップ DCM 3D のソフトウェアはマイクロおよび nano 構造の非侵襲的な、高速の、高解像の査定のための共焦点およびインターフェロメトリーの技術を結合する Leica の二重コア 3D 顕微鏡 Leica DCM 3D に専用されています。 Leica のマップの開始の標準機能に加えて、 Leica のマップ DCM 3D は高度表面荒さおよびうねり、基本的な関数解析学 (ベアリング比率、深さの分布、等) 分けるための ISO 16610 のフィルタに掛ける技術、および表面下を (例えば機械および電子部品および MEMS から) 得、独自に分析する機能含んでいます。

Leica のマップの製品範囲は Leica のマップの報酬、一点タクタイルおよび光学 profilometers およびスキャンのプローブの顕微鏡と互換性がある、また光学顕微鏡によって完了します最高級のユニバーサル解決によって。

「Leica マップ Leica のアプリケーションスイートへ重要な付加です」、は、示されたアンドレアス Hedinger Leica のミクロシステムの企業部の専務理事。 「それは表面イメージ投射に広範囲の解決および最新の標準および方法に従って度量衡学を与えます Leica の顕微鏡のユーザーに」。

「Leica マップソフトウェア 2010 年の後半で解放された山の技術の最新の生成に」は示された François Blateyron、デジタル波の業務執行責任者基づいています。 「それは組み込みます大きい測定のデータセットの複雑な計算そして処理を高速化するために高められたデスクトップ・パブリッシングの環境を」。

Last Update: 11. January 2012 10:55

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit