Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD

STMicroelectronics は MEMS のマイクロフォンのための新しい可聴周波処理チップのベールを取ります

Published on February 4, 2011 at 6:41 AM

STMicroelectronics (NYSE: STM)、消費者のための IC の一流の製造者および移動式製品は、最新のミニチュアマイクロフォンに直接接続し、小さいからのパフォーマンスを、低価格後押しする新しい方法を提供する、また更に傷つけられたスピーカーのベールを取りました可聴周波処理チップ。

装置は顧客が顕著な音質を提供する市場一流の小型化された可聴周波製品を渡すことを可能にします。

新しい装置、 STA321MP は、 ST の SoundTerminal® 可聴周波 IC のグループに加わり、 MEMS のデジタルマイクロフォン、また標準マイクロホンの入力のための組み込みインターフェイスを特色にします。 LCDs および力のコンポーネントからの騒音への小さい次元そして低い感度によって、 MEMS のマイクロフォンは smartphones のような多機能の製品にとって理想的です。 STA321MP は MEMS のマイクロフォンのダイレクト接続を可能にします、保存する部品は数え、要します。

さらに、 STA321MP に入るスピーカーの動きを検出するための小さいセンサーに接続することができる第 2 MEMS があります。 これはデザイナーがスピーカーパフォーマンスを最適化するために ST によって特許を取られる技術を使用して形づく実行中音を加えることを可能にします。 形づく実行中音ではプロセッサはスピーカーへのゆがみか損傷を自動的に償いま酷使されたスピーカーまたは引き裂かれたか制限され動きの円錐形とのそれらからの良質の可聴周波パフォーマンスを可能にします。

第三世代の SoundTerminal IC として、 STA321MP は進んだ機能およびパフォーマンスを提供します。 デザイナーのためのサポートは MEMS ベースのシステムのための完全な開発キット、また APWorkbench の写実的な開発環境を含んでいます。 APWorkbench のヘルプデザイナーは健全なターミナル製品を直観的に設定し、実行中の健全な形成をセットアップするための機能を含んでいます。

STA321MP の主な特長:

  • MEMS のマイクロフォンとの使用のために最適化される可聴周波処理
  • 高性能のデジタルアンプへの直接出力
  • PDM/analog および二重I2S 入力
  • 低い電力の消費
  • 超控えめな 1mm の高さの QFN のパッケージ

STA321MP は量の 1000 の $3.00 で値を付けられる 7 x 7mm QFN のパッケージで今使用できます。 代わりとなる価格設定オプションはたくさんのために使用できます。

ソース: http://www.st.com/

Last Update: 11. January 2012 09:23

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit