蛋白質の分析のためにとりわけ設計されている Malvern リリース Zetasizer

Published on February 13, 2011 at 7:59 PM

Malvern の器械は OmniFACE および OmniSEC の蛋白質の分析に専用されている新しい SEC-LS (光散乱 - サイズの排除クロマトグラフィー) の探知器のパッケージの Zetasizer の µV を進水させました。

Zetasizer の証明された µV は二重 DLS (ダイナミックな光散乱) および SLS (静的な光散乱) の機能を提供します。 それはスタンドアロン探知器ことができま、サンプルを使用すると今完全特色にされたモジュラークロマトグラフィーの探知器としてキュヴェットで分析します。 蛋白質のアプリケーションのために、これは Zetasizer の µV に理想的なツールを作ります。 スタンドアロンバッチモードのアプリケーションは分子サイズおよび公式の安定性の、そして SEC の探知器のモードの調査を分子量の測定、 oligomeric 州および検出の決定およびオリゴマーおよび総計の定量化含んでいます。 測定の絶対性質はコラムの口径測定が必要とならないことを意味します。

Zetasizer の µV は完全なクロマトグラフィーシステムとして使用できましたりまたはある SEC のモジュールに追加することができます。 Malvern の OmniFACE は出力信号が結果の計算のために OmniSEC のソフトウェアによって使用することができるように Zetasizer の µV があらゆるサード・パーティ SEC のシステムおよび探知器にリンクされることを可能にする必要な接続を提供します。 Zetasizer の µV を接続することは簡易性自体です。 標準クロマトグラフィーの管を使用してそれは紫外線および RI のような他の探知器とのシリーズで追加することができます。

8 つの ìL のフロー・セルはバンド広がることを最小化するが、最大感度のための Zetasizer の µV のレーザーの安定性および光学セットアップ優秀なベースラインの安定性をおよび SN は保障します。

Last Update: 12. January 2012 20:09

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit