Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanomedicine | Nanomaterials

There is 1 related live offer.

Save 25% on magneTherm

MIT エンジニアは多くの病気のための新しいワクチン渡す Nanoparticles を作成します

Published on February 22, 2011 at 4:25 AM

MIT エンジニアは安全そして効果的に HIV およびマラリアのような病気のためのワクチンを配信できる nanoparticle の新型を設計しました。

性質材料の 2 月 20 日問題で記述されている新しい粒子は普通ウイルスが作り出す蛋白質の総合的なバージョンを運ぶことができる同心の脂肪質球から成っています。 これらの総合的な粒子は強い免疫反応を - 生きているウイルスワクチンが作り出すそれと対等な - 引き出しましたりしかし大いにより安全なべきペーパーの Darrell アーヴァイン、著者および物質科学の助教授をおよび工学および生物的工学言います。

緑の蛍光蛋白質と付く免疫細胞は nanoparticles によって nanoparticles がマウスの皮に注入された後、 (赤い) 囲まれます。

そのような粒子は科学者が癌、また感染症に対してワクチンを開発するのを助けることができます。 研究の Walter Reed の軍隊の協会の科学者と共同して、アーヴァインおよび彼の学生は今マウスの実験マラリアワクチンを配信する nanoparticles の」能力テストしています。

ワクチンはすぐに答えるために免疫組織の発動を促す病原菌 -- にそれをさらすことによって病原体に再度出会うときボディを保護します。 多くの場合、小児マヒおよび天然痘ワクチンとのような、ウイルスのデッドか無効形式は使用されます。 他のワクチンは、ジフテリアワクチンのような普通病原体がなす蛋白質または他の分子の総合的なバージョンから、成っています。

ワクチンを設計するとき、科学者は免疫反応の人体 2 の主要なプレーヤーの少なくとも 1 人を誘発することを試みます: 病原体に感染した体細胞を攻撃する T 細胞、; または血および他の体液で現在のウイルスか細菌を目標とする抗体を分泌する B細胞。

病原体が 「キラーとして」知られているタイプの T 細胞からの強い応答中のセルを、 HIV のようなとどまりがちである病気のために T 細胞は必要となります。 処置にこれらのセルを誘発する最もよい方法は殺されるか、または無効ウイルスを使用することですがウイルスを無害することは困難であるのでそれは HIV とすることができません。

生きているウイルスの使用の危険を回避するためには、科学者は HIV のための総合的なワクチンおよび肝炎のような他のウイルス感染に取り組んでいます。 ただし、これらのワクチンは、間より安全、非常に強い T 細胞の応答を引き出しません。 最近、科学者はウイルスそっくりの粒子の蛋白質の包装によって T 細胞の応答の促進を助けることができる liposomes と呼出される脂肪質のしぶきでワクチンを包むことを試みました。 ただし、これらの liposomes に血および体液で悪い安定性があります。

統合的な癌研究のための MIT のデイヴィッド H. Koch Institute のメンバーであるアーヴァインは同心球でしぶきの多数を一緒に包むことによって liposome のアプローチで構築することにしました。 liposomes が一緒に溶ければ、隣接した liposome の壁は化学的に互いに 「綴じられ」、構造をより安定したように、次の注入を余りにすぐに破壊することまずないします。 ただし、 nanoparticles がセルによって吸収されれば、すぐに低下しま、ワクチンを解放し、 T 細胞の応答を誘発します。

マウスが付いているテストでは、生化学的なツールがこの分子への免疫反応を追跡して使用できるのでアーヴァインおよび彼の同僚はオヴァルブミン、免疫学で広く使われた卵白蛋白質と呼出された蛋白質を渡すのに nanoparticles を調査します使用しました。 彼らはワクチンの低い線量の 3 免疫が強い T 細胞の応答を作り出したことが分りました、マウスのすべてのキラー T 細胞の 30% まで - 免疫の後で…ワクチン接種蛋白質に特定でした。

それは蛋白質ワクチンが生成し、強いウイルスワクチンと、生きているウイルスの安全心配なしで対等な最も強い T 細胞の応答の 1 つ言いますアーヴァインをですが。 重要なのは、粒子はまた強い抗体の応答を引き出します。 人間の病気に対して免疫反応を引き出してもいいことを示すためにより多くの実験が必要であると彼は言いますけれども新しい粒子が 「かなり大きい前進」、を表す助教授 Niren Murthy は、ジョージアの技術協会の人間の題材で、言います。 「確定的に洗練されたとのそれを探索する価値がある十分な潜在性があり、高い実験」と彼は言います。

マラリアに加えて Walter Reed で科学者と調査します、アーヴァインはまた癌ワクチンおよび HIV ワクチンを配信するために nanoparticles の開発で動作しています。 HIV へのこのアプローチの変換は MIT、ハーバードおよびマサチューセッツ総合病院の Ragon の協会の同僚と共同して行われています。 ゲートの基礎と共にこの調査、国防省および健康のある各国用協会に資金を供給した協会は HIV ワクチンの開発の目的との 2009 年に確立されました。

ソース: http://web.mit.edu/

Last Update: 12. January 2012 19:30

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit