Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
Posted in | Bionanotechnology

BES の会議で蛋白質のゼータの潜在性を測定することを論議するべき Malvern の専門家

Published on April 7, 2011 at 6:42 PM

マルコム Connah、製品マーケティングマネージャは Malvern の器械のための Nanometrics Bioelectrochemical の社会 (BES) の第 21 国際シンポジウムの間に前会議の研修会でそして本会議の一部として蛋白質のゼータの潜在性を測定するための新しい方法についての提示をします。 会議は 8 5月12日からの Cracow (ポーランド) で 2011 年起こります。

5 月 9 日に彼の本会議の提示では、マルコムは蛋白質のゼータの潜在性を測定するとき反復性および正確さを改善する新しい方法を論議します。 彼は膜なしで拡散障壁方法を使用して電極からの蛋白質の分離によってこれを達成する方法を説明します。 これは蛋白質の集合が電極の表面に発生でき総計のゼータの潜在性がネイティブ蛋白質のそれに著しく異なりますので必要です。

Malvern の器械から Nano Zetasizer は蛋白質の流体力学のサイズ、ゼータの潜在性および分子量を測定するのに光散乱の技術を使用します。

Last Update: 11. January 2012 07:46

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit