Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanoelectronics

Nano スケールの温度変化は材料の設計を可能にするために液体の粘着性を変えます

Published on April 30, 2011 at 6:02 AM

カメロンシェ著

Wesleyan 大学研究者と働く国立標準技術研究所 (NIST) のチームは材料のガラス形成を調査するのにコンピュータ・グラフィックスを利用しまこれらの材料の流れのレートの温度の影響の数学および物理的な記述を提供します。

ほとんどの製造業者は nano スケールで粘性液体を理解してないです。 ポリマーおよび変わる生物的材料、および固体ガラスに低温で回転中間レベルの温度で液体から tar そっくりの厚さに冷却された場合。

調査はバッテリー液、プラスティック容器および窓ガラスの分子特性の量を示します

ある敏感なガラス形成材料では、小さい温度変化は液体からの非常に粘性に材料を変えることができます。 強い液体でこの粘着性の変更はより遅いです。 これは冷却材料を使用するために必要な時間に影響を与えます。
NIST の科学者に従って、ジャックダグラスのカスタマイズされた材料を開発することを含まれる根本的で物理的なプロシージャを理解することは必要です。

ガラス形成液体の粘着性はほとんど 1 つの場所でフリーズされる長いストリングの他の原子を動かす分子によって決まります。 ヘビそっくりの構造は液体の高められた粘着性で起因します。 チームは不本意なヘビそっくりのストリングの成長率が流動もろさに対応することを検出しました。

Wesleyan 大学のダグラスそしてフランシス島 Starr は nano 粒子が付いているポリマー液体を模倣した計算機モデルを使用して多様な流動もろさを達成しました。 異なった量の nano 粒子を追加し、ポリマーとの相互作用を変えることはそれらが温度変化が流動率をどのように変えた、そしてどのようにクラスタ動きが液体の特性の変化に対応したか理解するようにしました。 ダグラスはこの研究が物質的な設計を可能にすることができることを言います。

ソース: http://www.nist.edu

Last Update: 12. January 2012 17:38

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit