Site Sponsors
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Bionanotechnology

止め釘の頂上で蛋白質の性格描写の研修会を催す Malvern の専門家

Published on May 9, 2011 at 8:26 PM

Malvern の器械の Drs ケビン Mattison*、 Ulf Nobbmann およびジェイソンサンチェスは 9 5月13日から 「蛋白質の therapeutics のための性格描写技術」のの研修会を - 第 7 年次止め釘で - ボストン MA で保持される蛋白質及び抗体工学頂上 2011 年導きます。

団体のスポンサーとして、 Malvern の器械はまた表わして、会社の専門家は光散乱、サイズの排除クロマトグラフィーおよびダイナミックな画像技術を論議する手 (SEC)にあります。

OmniFACE および OmniSEC の Zetasizer の µV は蛋白質の分析に、新しい SEC-LS (光散乱 - サイズの排除クロマトグラフィー) の探知器のパッケージ捧げました。

研修会は 100 µm に 1 nm の適当なサイズの範囲を渡る蛋白質の治療上の性格描写のために、適した従来および出現技術の理論そして汎用アプリケーションをカバーします。 関係者は質問にのような答えるように努めます:

  • DSC によって、カドミウム測定される、 Tm 及び DLS の違いは何ですか。
  • DLS が SEC の結果を確認するのに使用することができますか。
  • 公式の安定性の蛋白質の料金の検索能力は何ですか。
  • 粒子のカウントを 100 nm から 1 つの µm のサイズの範囲で達成することができますか。
  • 蛋白質はどんな役割 「形態」の演劇を集約しますか。

蛋白質および他の高分子を特徴付けるための Malvern の解決は下記のものを含んでいます: OmniFACE および OmniSEC の Zetasizer の µV は蛋白質の分析に、新しい SEC-LS の探知器のパッケージ捧げました; サイズおよび分子量を測定するのにダイナミックで、静的な光散乱使用する Zetasizer の Nano システム、; 分子量および分子構造の性格描写のための Viscotek のサイズの排除クロマトグラフィーのシステム/探知器; 蛋白質の総計のダイナミックなイメージ投射、サイズおよび形の性格描写のための Sysmex FPIA-3000。

*Kevin Mattison は主な科学者です Bioanalytics、; Ulf Nobbmann は年長アプリケーション専門家です Nanometrics、; そしてジェイソンサンチェスはプロダクトマネージャー GPC/SEC の技術、 Malvern の器械のすべてです。

Last Update: 12. January 2012 17:38

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit