Site Sponsors
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
Posted in | Nanoanalysis

Horiba からの SZ-100 は Nanoparticles および蛋白質の物理的性質を特徴付けます

Published on May 15, 2011 at 8:19 PM

Horiba からの新しい SZ-100 シリーズ器械はサイズおよびゼータの潜在性を含む主粒子の物理的性質を分析します。 さらに蛋白質およびポリマー分子量を定めるのに、それがおよび二番目に virial 係数 (A2) を使用することができます。

粒度の分析はダイナミックな光散乱によって行われます (DLS)。 ゼータの潜在性は電気泳動の光散乱によって測定されます。 分子量および A2 は Debye のプロットを使用して静的な光散乱によって分析されます。 典型的なアプリケーションは nanoparticles、コロイド、蛋白質、生体物質および乳剤を含んでいます。

SZ-100 は直角 (90°) および後方散乱 (173°) にサイズの測定を行う唯一の器械の使用できることができます。 この一義的な機能は最大感度を提供し、ユーザーがすべての可能なサンプルタイプのための測定の条件を最適化することを可能にします。 粒度の測定は 12 μL にボリュームのいろいろなセルで行われます。 ゼータの潜在的な測定は水様のサンプルのためのどちらの使い捨て可能なセルでもなされるか、または有機性および生物的サンプルのためのセルを浸します。 カーボン電極を使用して一義的で使い捨て可能なセルは置換を必要とする前に普通何百ものサンプルを測定できます。 100 μL 同様に少しはゼータの潜在性の決定に必要となります。

自動 titrator はゼータの潜在性の等電ポイント決定のために使用できましたり対 pH、または公式または処理のための調査の最適界面活性剤の集中を調査します。

粒度の測定は 0.3 nm - サンプル特性による 40 の重量のパーセントへの 0.1 mg/mL (リゾチーム) からの集中の 8 μm から作ることができます。 -200 から +200 mV までゼータの潜在性は手動でまたは自動 titrator と分析することができます。 大きい分子の分子量は 1x10 から 2x10 g/mol3 への7 測定されます。

Last Update: 12. January 2012 17:38

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit