Posted in | MEMS - NEMS

ADIは、のiMEMS技術と慣性測定ユニットを発表

Published on June 9, 2011 at 7:31 AM

キャメロンチャイによって

アナログデバイセズ(ADI)、信号調整とデータ変換の会社は、10自由度(DOF)とのiMEMS技術をベースADIS16407このiSensor慣性計測ユニット(IMU)をリリースしました。

アナログデバイセズの10自由度MEMSこのiSensor IMU

IMUは、デジタル圧力センサ、3軸磁気センサ、3軸加速度計、および1つのユニットに3軸ジャイロスコープを内蔵しています。個々のセンサは、アナログデバイセズのシグナルコンディショニングと効果的にADIS16407 IMUの動的な10被写界深度のパフォーマンスを最適化するためのiMEMS技術を組み合わせる。各IMUは、温度、バイアス、アライメント、感度については、工場で校正されます。すべてのセンサーは、センサーの測定値の精度を高める独自の動的な補償の式を有する。

デジタル圧力センサは、1200ミリバールに10ミリバールで評価されています。加速度計は加速度計のデジタル± 18グラムのiMEMSタイプです。軸デジタルiMEMSジャイロスコープは、± 75 ° /秒、± 150 ° /秒、± 300 ° /秒のデジタルレンジスケーリングを持っています。

無人車両や緊急最初の応答のみが正確な位置合わせとセンサの複数の軸を必要とするだけでなく、単一のユニットに複数のセンサーを組み合わせたのiMEMS技術とADIS16407このiSensor IMUを追跡し、動的な環境内のターゲットの位置をイネーブルにするには、クロス統合する必要はありません使いやすいインターフェイスと、これらの能力を提供するために、完全な工場出荷時のキャリブレーション付き。

ソース: http://www.analog.com/

Last Update: 5. October 2011 10:49

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit