Posted in | Nanomaterials

科学者は防火効力のある有望な実験 Nanocomposite を検出します

Published on July 8, 2011 at 3:22 AM

カメロンシェ著

(UMD) および国立標準技術研究所 (NIST) メリーランド大学からの材料の科学者は粘土の広くそして均等に分散させた nanoscale の粘土の版がポリマーにあるとき nanocomposite 材料がより多くの防火を提供することを示しました。

粘土の版のさまざまな分散が付いている、しかし nanoscale の注入口の同量の 5 つの標本で行なわれたテストでは持っていたサンプルは最も広い分散焼き付け、発火し、そして劣化に対してより抵抗力がありました。

NIST-UMD の科学者は普通絶縁体および包装の製品とまたモンモリロナイトのナノメーターの目盛板で満ちていた食事用器具類および他の製品で使用されたポリマーを使用しました。 モンモリロナイトはサンドイッチタイプの分子配列を持っている粘土の種類です。 モンモリロナイトの粘土はポリマー記入され、組合せは優秀な材料の原因となります。 チームはいくつかの燃焼性テストおよび性格描写方法に標本を服従させました。 テストは熱の流入に nanoscale の粘土の版の分散および材料の応答の広範囲映像を提供しました。 調査は粘土のスタックするか、または群生している分散がポリマー影響で結果として生じる材料の特性をめっきすることを提案しました。

粘土の nanoscale の版がよりよく分散したときに熱に服従させたときより容易に紛糾しました得ました。 それらは少数のギャップのネットワーク構造を形作り、得るわずかな可能性を割ってもらいました。 結果として生じる構造は劣化の燃焼性そしてレートを減らす機能があった防熱装置でした。

科学者は新しい技術および先端材料の使用によって今燃焼性の減少の他の道を探索しています。

ソース: http://www.nist.gov/

Last Update: 12. January 2012 17:02

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit