Posted in | Carbon Nanotubes

太い、長いカーボンナノチューブテラヘルツレーザーパワーを決定する

Published on July 21, 2011 at 3:03 AM

キャメロンチャイによって

国立標準技術研究所(NIST)の研究者は非常に長いカーボンナノチューブの厚い配列がテラヘルツレーザパワーを測定するために、コートのプロトタイプ検出器に使用することができる長い波長、で吸収能力を持っていることを明らかにした。

研究は、100 IMから1mmの範囲の波長でその作業レーザーを校正するための参照基準を確立することを目的としています。ジョンリーマン、NISTのプロジェクトリーダーは、コーティングは、テラヘルツ帯で動作するレーザーパワー検出器に適していることを述べています。

垂直配向カーボンナノチューブの配列のカップケーキ"(VANTAs)はシリコン上に成長

垂直配向カーボンナノチューブの配列、VANTA、として知られているコーティングは、様々な便利な機能を提供しています。 VANTAを簡単に処理することができます。それは厚い層を形成するために、ミリ以上に数μmの長さで、ナノチューブで構成されます。 VANTAであっても顕微鏡なしで見ることができ、容易にレーザパワー検出器にシリコンの表面から輸送することができる。

コー​​ティングは非常に暗いです。 NISTのチームは、40と150のIMから1.5mmの範囲の平均の長さで三VANTAサンプルをテストした。彼らは長いナノチューブが比較的小さい光を反射することを決定。

長い1.5 mmの測定試料は、、394 Imの波長の1%のみを反映している。テラヘルツ波長でVANTAの反射率を測定することでレーザー光が完全に正確なレーザーパワー測定を実現するために吸収することができることがわかります。 1.5ミリメートルVANTAはゴールドブラックコーティングよりも吸収率の高さを持っています。より多くの努力がこのような光の角度などの不確実性とパラメータを決定するために必要です。

研究者は、材料が他の黒の塗料よりも急速に熱を吸収して発光することができることを発見した。その結果、検出器が応答すると信号を生成するために迅速になります。十分に緻密なコーティングは長い波長の光を吸収することができます。

NISTは、定期的な測定とサーモパイルと呼ばれる検出器を作るためのテラヘルツレーザーを開発していると、レーザーのパワーを決定します。この検出器は、熱のアプリケーションの2つの金属の接合に電圧を生成します。研究者はコーティングサーモパイル用VANTAを利用。

ソース: http://www.nist.gov/

Last Update: 6. October 2011 04:35

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit