Site Sponsors
  • Strem Chemicals - Nanomaterials for R&D
  • Oxford Instruments Nanoanalysis - X-Max Large Area Analytical EDS SDD
  • Park Systems - Manufacturer of a complete range of AFM solutions
Posted in | Nanoanalysis

PUF の火に抵抗する研究者の農産物カーボン Nanofiber に満ちたコーティング

Published on August 4, 2011 at 7:47 AM

カメロンシェ著

標準の技術 (NIST) のテキサス A&M 大学そして各国用の協会からの研究者は装飾されたマットレスおよび家具で利用されるウレタンフォーム (PUF) で用いられる従来の火抑制剤を取り替えることができる一義的なカーボン nanofiber に満ちたコーティングを検出しました。 このコーティングは少なくとも 160% までに他のコーティングのパフォーマンスを打ちます。

試験結果はポリマーおよびカーボン nanofibers の薄層を結合する整理とウレタンフォーム (PUF) に塗ることによって、火に対するかなりの安全は保障することをことができることを明らかにします。 多孔性に満ちた泡の中の耐火性の装甲を作成すると実験コーティングが見つけられたことをリックデービス、示される研究者。 実験技術は PUF の海綿状の表面のすべてのひびそして隅をカバーするためにカーボン nanofiber から成り立つ防火効力のあるコーティングを利用します。 この新しいアプローチによってされる表面処理に生産プロセスおよびそれにより保存する費用および時間、説明されたデービスの重要な変更点を引き起さないで最少の炎生成 PUF を許可する機能があります。

PUF の商用化された正方形のサンプルは 4 bilayers、カーボン nanofiber およびポリマーで組合せを構成する各 bilayer が塗られました。 平均で、ちょうど 3% 泡の大容量を高めるこの防火効力のあるコーティングの厚さは 360 nm でした。 そのでは、カーボン nanofibers は泡の 1.6% の大容量を貢献します。 これらの nanofibers はつや消しのひげと同じような約 360 nm で表面の内で群生させていて得ました。

標準火テストはチームによって非常に熱いサンプルからの最も高い熱生成のレートの測定による光沢が無く、上塗を施してある PUF の火の強度を評価するためにされました。 カーボン nanofiber のコーティングが PUF の燃焼性の 40% を減らしたことが分られました。 得られた結果は 3 倍に泡の中に置かれた同じカーボン nanofibers と比較されたときよりよくありました。

ソース: http://www.nist.gov/el/

Last Update: 12. January 2012 15:47

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit