Posted in | Nanoanalysis

エネルギー蓄積/変換および環境保全のためのカーボンの第 4 国際会議のスポンサーである Micromeritics

Published on September 15, 2011 at 8:39 PM

2011 年 9 月 25 日 - 29 日、 Micromeritics にエネルギー蓄積/変換および環境保全 (CESEP 2011 年) のためのカーボンの第 4 国際会議のスポンサーとして加わります。 最初は Orléans で、 2005 年にフランスは保持されてまたクラクフ、ポーランドおよびマラガ、スペインで、過去 CESEP の会議保持されました。 2011 CESEP では Vichy の 「Palais 歴史的 des Congres に」置かれるフランスの第14族元素組織されるフランスに戻ります。

CESEP 2011 は科学者、いろいろカーボン関連のトピックで議論の場を提供しているエンジニアおよび科学技術者をひとつにまとめます。 会議は有名な誘われたスピーカー、口頭発表および科学的なポスターによって主要な講議を含んでいます。 トピックは下記のものを含んでいます: 気相塩基性の汚染物質のカーボンの新しい形式の統合、ガスの分離および記憶、熱記憶、カーボン触媒および触媒サポート、吸着、水生産および治療のためのカーボン、極度のコンデンサー、高度電池、燃料電池、および大いに多く。
1962 年以来のビジネスでは、 Micromeritics は基本的な研究に世界の上の企業のほとんどに材料性格描写の器械使用およびアプリケーションサポートおよび学術機関、製品開発、品質保証および制御、生産およびプロセス制御アプリケーション提供しました。 イベントの、 Jacek Jagiello、 Micromeritics の科学者は後援に加えて技術的な提示を提供します。

口頭セッション:
月曜日、 9 月 26 日
18:00 - 標準 N2 の吸着等温線からのさまざまなガスの高圧吸着の 18:20 NLDFT の予言
J.Jagiello、 J.Exley、 J.Kenvin

口頭セッションは第 2 帝国の下で 「講堂 Eugénie で」、宮廷の前の戦域催されます。

Last Update: 3. June 2015 14:00

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit