Posted in | Nanomaterials

Altis の半導体は Candence MaskCompose のレチクルおよびウエファーの統合の組の標準化を達成します

Published on September 23, 2011 at 7:25 AM

カメロンシェ著

鋳物場の Altis のヨーロッパの半導体は Candence の設計システム Candence MaskCompose のウエファーの統合およびレチクルシステムの標準化を達成しました。

標準化はウエファーの統合およびレチクル段階以内にすべての重要なステップのオートメーションによってケイ素の製造業のプロセスを簡素化します。 標準化はまた写真マスクをおよび高い多量のデータを含み、ウエファーの段階的なレイアウトを文書化することで助けます。

Altis の半導体はずっとプロセスの最適化のためにさまざまな解決をテストしています。 それはウエファーのレイアウト、正確なフレームを提供する機能による調子 MaskCompose を選択しましたりジョブ・デックを生成しましたり、ドキュメンテーションおよび注文用紙をカスタマイズします。 Altis のためのカール Lange の副大統領、販売およびマーケティングに従って、 MaskCompose のオートメーションシステムは大量を作り出すためにかけられる会社の効率のレベルおよび時間を増加しました。

このシステムはまたマスク作りにかかわる危険の減少で助け、異なったプロジェクトのために製造の回路設計、マルチ層にされたレチクル、レチクルおよびウエファーのための生産時間をたくさん増加します。 MaskCompose の使用から離れて、 Altis は名人を統一されたアナログのカスタム流れ配置し、生産の流れを適用されるべき技術に基づいてまた設計過程デザインキットがあります。 Candence は半導体のデザインのために自身のソフトウェア、 IP およびハードウェアそして確認、テレコミュニケーションおよびネットワーク設備、家電および計算機システム使用します。

ソース: http://www.cadence.com/

Last Update: 12. January 2012 13:16

Tell Us What You Think

Do you have a review, update or anything you would like to add to this news story?

Leave your feedback
Submit